松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

読んだもの

哲学カフェ「正常ってなに?」

1月24日(水)は、フリーデザイン岡山での哲学カフェでした。 フリーデザインは、生きづらさを抱える方たちの「働く」を応援する就労移行支援センター。 freedesign2010.co-site.jp 月1回の哲学カフェは、利用者、スタッフだけでなく、どなたでもご参加…

えほん哲学カフェ『椅子ーしあわせの分量』

1月20日(土)の午前中はスロウな本屋さんにて、久しぶりの、えほん哲学カフェでした。 テーマの代わりに、絵本を読んで、感じたことや考えたことを語り合います。 slowbooks.jp 長くなっちゃったので目次を設置しておきます。 『椅子ーしあわせの分量』 …

グローバル教育と地毛証明書

こういうの、フーコーだったらどう言うかな?と思って、ちょっとやってみる。 www.asahi.com 21世紀の日本では、「グローバル教育」を叫びながら、このような排他的同化主義が浸透していた。 地毛が黒以外の者は、「地毛証明書」を提出するか、地毛を黒く染…

森絵都『カラフル』

昨日10月26日(木)は、哲学カフェでお世話になっているフリーデザイン岡山さんへ。前から気になってた読書会に参加してきました。今回の課題図書は、私が森絵都さんにはまるきかっけになった『カラフル』。

哲学カフェ尾道・思考実験室 その1 【救命ボート】

10月8日(日)は、尾道のantenna Coffee Houseさんで、月1の哲学カフェ。 テーマの代わりに、「救命ボート:余剰の富を独り占めしてよいのだろうか?」と題された、こんな思考実験を用意しました。

哲学ウォークの下見と『哲学用語図鑑』

今日は、明日の哲学ウォークの下見をしてきました。 岡山のフラットな地形を活かして、バリアフリーなルートでやります。 ここ、初めて通りました。 今日の出会い ついでに図書館に寄って、近所の紅茶専門店で借りた本読んで‥‥‥ 三月書房の小型愛蔵本のサイ…

ハンナ・アレント『人間の条件』〜肉体的苦痛とリアリティ〜

先日、読書会でハンナ・アレント『人間の条件』の第2章を読みました。 人間の条件 (ちくま学芸文庫) 作者: ハンナアレント,Hannah Arendt,志水速雄 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1994/10/01 メディア: 文庫 購入: 10人 クリック: 105回 この商品を含…

カントと哲学占い

こんにちは。 昨日は倉敷でカントの『純粋理性批判』を読む読書会に参加してきました。 最初は、リーズナブルな岩波文庫版で読んでいたんですが、あえなく挫折。 中山元訳のこちらに切り替えました。 純粋理性批判 1 (光文社古典新訳文庫) 作者: カント 出…