てつがくやさんの気まぐれ日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

読みたいもの

映画『かづゑ的』ウォーク@長島愛生園

3月31日(日)は、長島愛生園へ。 愛生園で暮らす宮﨑かづゑさんを撮ったドキュメンタリー映画『かづゑ的』のなかの言葉とともに、愛生園をてくてく歩きく『かづゑ的』ウォークを実施しました。 www.beingkazue.com 企画がもちあがったときは、シンプルに、…

『ジェンダー・クィア』の翻訳出版を応援してみる

以前、大阪大大学のある企画でご一緒した小林美香さんより、気になる書籍のクラウドファンディング情報が届きました。 英語版を確認して、「これなら」と書籍+電子書籍コースをポチッとしました。 目標額まであと16%、残すところあと11日だそうです。 green…

多様性という言葉が生んだおめでたさ〜朝井リョウ『正欲』〜

さんかく岡山でおすすめされて、手にとって、だいぶ経つけど、まだ読み終わってない。 でも、とりあえず最初の6ページは、誰かと共有して対話してみたい感じだったので、備忘録です。 正欲 作者:朝井リョウ 新潮社 Amazon 多様性、という言葉が生んだものの…

『オープンダイアローグ 思想と哲学』の書評会

5月27日(金)の19:00より、オープンダイアローグ関連の書評会に登壇します。 「オープンダイアローグ、気になってたんだ〜」という方はぜひ!! www.facebook.com 偏著者と一緒に参加者も交えて『オープンダイアローグ 思想と哲学』について語り合います。 …

野矢茂樹『語りえぬものを語る』

タイトル買い。 語りえぬものを語る (講談社学術文庫) 作者:野矢茂樹 講談社 Amazon まだ読んでないけど、久しぶりの野矢茂樹さん。 レビューを読むと、「語りえぬもの」は一切語ってないけど、同時の方法で語りえるものと語りえぬもの境界をぎりぎりまで攻…

「哲学は驚きからはじまる」を知るための2冊

なかなかブログを書く余裕がなく過ぎていく日々。 読みたい本もたくさんあるのに、読み返したい本まで出てきて困る。 今日、「哲学は驚きからはじまる」を再考するために読み返したくなったのは、こちらの2冊。 テアイテトス (光文社古典新訳文庫) 作者:プ…