松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

考えたこと

私が私として話すということ

昨日、午前中にアーレントの『人間の条件』の読んでから、スロウな本屋さんにお邪魔したら、えほん哲学カフェに何度か参加してくださった方とばったり。 slowbooks.jp 哲学カフェの魅力をこんなふうに語ってくれました。 哲学カフェでは、私が私として話して…

自分の限界を楽しむ!〜私が哲学対話をする理由〜

てつがく仲間のSさんに、「哲学対話をする動機や理由は?」とご質問いただきました。 自分や自分が拠って立つ思考の限界を知りたい。 まずこれが、本を介してであれ、対話を介してであれ、哲学する動機としてあります。 ソクラテスの「無知の知」、カントの…

子どもができたらわかるわよ

「あなたにも、子どもができたらわかるわよ」「そうかもね。できないからわかんないけど」 (『母と娘(未刊)』より) 「子どもほしかったけど、なかなかできないし、まぁいっか〜」と思ってるアラフォーとして、非常に返答に困る枕詞のひとつ、「子どもが…

見えない人に見えて、見える人に見えないもの

尾道での『もうろうをいきる』の上映会について、追加情報です。 2月10日(土)午後@シネマ尾道 2月11日(日)13:10〜映画上映 15:00〜シネマ哲学カフェ@antenna Coffee House 映画館でゆったり観たい方は、2月10日のシネマ尾道。 感想など語り合いたい方…

グローバル教育と地毛証明書

こういうの、フーコーだったらどう言うかな?と思って、ちょっとやってみる。 www.asahi.com 21世紀の日本では、「グローバル教育」を叫びながら、このような排他的同化主義が浸透していた。 地毛が黒以外の者は、「地毛証明書」を提出するか、地毛を黒く染…

哲学者ってなにする人?

哲学者ってなにする人? ってきかれたら、「思考を発掘する人」かな、と思った。 みんなのなかには、まだ誰も気づいていないお宝みたいな思考がたくさん埋まってる。 私は、それを発掘するお手伝いをしてる。 他の誰かの思考を発掘する過程で、自分のなかに…

「言うは易く、行うは難し」なアドバイス

持病の痛みを和らげるため、コーヒーを控えるようになって10年くらい。 親切な健康オタクさんが、(コーヒー片手に)「カフェインはよくないから、紅茶や緑茶も控えた方がいいよ」とアドバイスくれたんだけど‥‥‥うーむ。 コーヒーをお代わりしながら、「コー…

活動を続けるために、何が必要?

先月、イベント「著者と話そう」でお世話になった梅田蔦屋書店のコンシェルジュ、三砂さんからのご質問です。イベントでは時間の関係でお答えできなかったけれど、ずっと考えてたことなので、こちらでお答えすることにしました。 「活動を続けるために、必要…