まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

ひとりひとりの「平和」を考える哲学カフェ@広島

11月に入ってから、イベントとその打ち合わせでバタバタしています。

特に今月は、県外に出ることが多くて‥‥‥。

 

11月3日(土)は、広島。

クラウドファンディングで実現した、ひとりひとりの「平和」を考える哲学カフェでした。

motion-gallery.net

 

第1部で、進行役3名が哲学カフェや平和について簡単にお話させていただき、第2部は3つのグループに分かれて「争い」をテーマにした哲学カフェ。

「平和」について考える哲学カフェで、テーマは「平和」じゃなくて「争い」なの?

そう思った方もいるでしょう。

これは、「平和」について考えたいけれど「平和」をそのままテーマにすると、これまで熱心に平和について語り考えてきた広島だからこそ、これまで語られてきた枠組みとは別の視点で語ることが難しいんじゃないかという企画者・草間さんの計らいです。

実際やってみて、「平和」ではなく「争い」をテーマにして本当によかった!

すごく身近な、本当にひとりひとりの日常にある争い(うちのグループでは、何か言われて言い返したくなるのはどんなとき?、カープの絶対譲れない争いなど)を例に、「争わなきゃいけないのはどんなとき?」「よい争い、悪い争いのちがいは?」などなど、たぶん国際的な平和を考えるときにも通じそうな論点について、超等身大で語り合うことができました。

 

クラウディングでリターンにミニブックを選択された方には、より詳しいレポートが記されたミニブックが届くでしょう。

哲学カフェの内容をそのまま記録しても、実際の哲学カフェのような臨場感は得られないので、ミニブックは読み物として味わっていただけるよう、これから加筆・修正していくところです。

その分少々お待たせしてしまいますが、お楽しみに!

わたしも、他のグループがどんなだったか気になるので、楽しみです(^-^)

改めて、当日ご参加くださったみなさん、クラウディングに協力してくださったみなさん、場所を提供してくださった喫茶さかきさん、それから企画者のひろしま哲学カフェの草間さん、ありがとうございました。