松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

「ほめたほうがいい?」@大元公民館

11月8日(月)は、大元公民館の子育てモヤッとニコッとカフェでした。

テーマは「ほめたほうがいい?」。

 

「子どもの自己肯定感を高めるために、なるべくほめるようにしている。」

「幼稚園、保育園でも“今日〜をがんばったので、ほめてあげてください”」と言われる。

子ども自身が「見て、見て!」とアピールしてくることも。

などなど、「ほめる育児」の話題。

 

その一方で、「ほめられるのが苦手」という人もちらほら。

苦手な理由や、「ほめる育児」への懸念として、

  • 上から目線
  • 関係性による(先生からほめられるのはOKなど)
  • 相手に何か求められるのではと警戒してしまう(何かお願いされるのかな?相手のこともほめたほうがいい?謙遜しなきゃダメ?などなど)
  • 子どもを操作・誘導してしまうのでは?
  • ほめられないと、やらない子になるのでは?(エンジンを他からもらわないといけなくなっちゃう)

などがあがりました。

 

さらに、「ほめるなんて、挨拶のようなもの。たいした意味はない」という意見や、「そんなにあれこれ考えながら、ほめたことも、ほめられたこともないなぁ。“ほめる”って、もっとふわっと捉えてた!」と驚く声も。

 

  • 「ほめる」と「評価する」や「ノセる(おだてる)」、「賞賛する」とのちがいは?
  • 「ほめる」は道具や手段?
  • ほめるのに気持ちは必要?

といった問いを経由して、

「ほめる」と「一緒に喜ぶ」のちがいから、終盤はしつけの話に至りました。

 

「一緒に喜ぶ」は子ども自身がうれしいことを一緒に喜ぶけど、やはり「ほめる」には、ゆるやかな方向づけがある。

それが、自分の価値観を子どもに押しつけることになってしまわないか?という迷いや懸念。

しかし、「何かを継続してやり続けるには、ほめるだけでは足りないのでは?」という話から、「ほめる」という方向づけは「怒る」よりもゆるやかで、応援にはなっても押しつけにはならないのでは?とも考えられる。

 

そんなことに気づかされた対話でした。

子育てのことだけでなく、対話中に「ほめられるのが苦手」と言ってた人を誰かがうっかりほめそうになって、みんなで笑いながら「いまのは大丈夫?」と確認し合ったり、現在進行形でコミュニケーションについて考えられたのも、おもしろかったなぁ。

 

ご参加くださったみなさん、大元公民館のみなさん、ありがとうございました。