まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

梶谷真司『考えるとはどういうことか』〜Philosophy for Everyoneの人が書く哲学入門〜

UTCP(東大の国際哲学研究センター)の梶谷真司さんの新刊が届きました!

 

f:id:e-matsu145:20181012181717p:plain

 

とても楽しみにしていた一冊です。

まだ読んでないけど。

まだ読んでないのに、なぜこんなに堂々ご紹介できるか、こちらの連載を楽しんでいたからです。

 

www.gentosha.jp

 

梶谷さんと最初にお会いしたのは、2013年。

"Philosophy for Everyone"企画に、ゲストとしてお招きいただいたときのこと。

 

梶谷真司「邂逅の記録42:「研究」でない哲学 ~ カフェフィロの松川絵里さんを迎えて」 | Blog | University of Tokyo Center for Philosophy

 

【報告】講演&ワークショップ:松川絵里「『研究』ではない哲学――カフェフィロの活動」 | Blog | University of Tokyo Center for Philosophy

 

思えばこれが、わたしが初めて「てつがくやさん」について話したときでした。

日本でまだ「てつがくやさん」をしてる人はいなくて、大学で、しかも東大でこんなこと話して大丈夫かなとドキドキしましたが、とても好意的に受け止めてくださったのを覚えています。

その後、「母」をめぐる哲学対話にもお招きいただきました。

 

【報告】P4Eワークショップ:「母」をめぐる哲学対話 | Blog | University of Tokyo Center for Philosophy

 

 

それにしても、Philosophy for Everyone!

育児サークルのお母さんと哲学カフェを始めたときから、ずっとわたしが考えてきたのはそういうことだったのに、なぜこの言葉が出てこなかったのか。

この言葉を梶谷さんから聞いたとき、と悔しくて、心のなかで地団太を踏みまくりました(笑)。

恩師の一人でもある鷲田清一さんが、「哲学者はコピーライターのようなもの。みんなのなかにあるけれど、言葉にできないことを言葉にするんだ」と言ってましたが*1、まさにそれ。

実際、この言葉を考案したのが梶谷さんなのかどうか未確認ですが、上記の連載もそうだし、この新刊も間違いなくそう。

わたしが言葉にしたくてできなかった大事なことを、優しく易しい言葉にしてくれる、そういう哲学者です。

だから、焦らずゆっくり少しずつ、噛み締めて読みたい。

 

 

Philosophy for Everyoneの精神が、このサブタイトルに繋がってると思うと、とてもうれしい。

*1:大学のゼミかなんかで聞いた言葉なので、特に出典はありません。ごめんなさい