松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

facebookで哲学ウォーク

昨日、facebook上で開催した哲学ウォーク、無事終了しました。

 

www.facebook.com

 

イベントページを掲示板のように活用した、投稿スタイルのイベント。

イベントページの「情報」タブからプログラム内容を読んでから、「ディスカッション」タブを開いてください。

過去の投稿から遡ってみていただくと、みなさんの思索の足跡を‥‥‥というか、イベントの様子をほぼそのままご覧いただけます。

 

最終的に、26名の方が参加してくださいました。

このワークを思いついたときから、このアレンジ版は、オリジナル版では難しいぐらい大人数のほうが面白いだろうなと思っていました。

前夜、哲学者の言葉を送る作業では「大判振る舞いしすぎたか?」と一瞬後悔しかけましたが、今年はカフェフィロ15周年だし!自粛お見舞い企画だし!とがんばりました。

結果、各地のいろんな景色が集まって、楽しかったです。

今後もこの人数で実施するかどうかはわかりませんが(体力次第)、今回この人数でやってみて、改めてわかったこともちらほら。

ありがとうございました。

 

f:id:e-matsu145:20200501195431j:plain

前日がんばってつくったクジ

 

以下、ちょこっと反省点。

 

反省1)写真は自分で

写真はネットから拾ってくるのではなく、自分で撮ってね」とはっきり明言しておくべきでした。

幸い、今回の参加者は丁寧に事前に「ネットの写真でもいいですか?」ってきいてくれたけど、ちゃんと説明しておかないと、ネットでもいいだろうとご自身で判断する人もいそう。

というか、最初にこのワークを思いついたときは、むしろネットで写真を拾ってくるほうメインで思いついたんです。

他の地域で散歩できる状況かどうかわからなかったので。

しかし、「自粛生活で孤立しがちな日々に窓を開けるような哲学を」と思って、他の人の暮らしを垣間見る機会を提供する「自分で近所や自宅を歩いて写真を撮る」方向に。

あと、わたし自身、散歩する言い訳が欲しかったので。

実際、そのほうが頭や体の筋トレにもなるし、みなさんの様子が垣間見れてほっとしたし、自分で撮ってもらうことにしてよかったと思います。

 

反省2)合間の時間

7:00-13:00 投稿タイム

13:00-15:00 質問タイム

15:00-22:00 回答タイム

‥‥‥というように時間を区切りましたが、人数が多い場合は、各ステップのあいだにバッファとなる時間を設けたほうがよさそう。

各ステップの終了間際に投稿やコメントされる方が複数いたり、投稿ボタンを押してから反映されるまでに若干のタイムラグが生じることもあります。

ちゃんとそれらが完了してるか見届けてから次のステップに移ったほうが、参加者も安心だし、進行役もやりやすいだろうと思いました。

なので、次にやるときは、ちょっと時間設定をいじろうと思います。

でも、投稿タイムは、朝の散歩や通勤時間とランチタイムも入るようにしたいから、変えずにこのままいこう。

 

ほかにも、参加者の方の感想をいただいたり、オンラインの哲学ウォークとのちがいや共通点についての発見があったり‥‥‥。

長くなるので、それらについては、また改めて。