松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

「ひとりでも楽しい?」@フリーデザイン岡山

さて、11月のフリーデザイン岡山はプレーンな哲学カフェを、午前組のみなさんと。

(といっても、コロナがだいぶ落ち着いたおかげで、午前組、午後組という区別も曖昧になってきているよう。うれしい。)

 

テーマは、

「恋と尊敬はどうちがう?」

「ひとりでも楽しい?」

「孤独はいいもの?わるいもの?」

と提案されたなかから、「ひとりでも楽しい?」が選ばれました。

 

「“ひとりはさびしいでしょ”って決めつけられるとモヤモヤする」という話から、

「ひとりは自由で楽しい」

「病気のときは、ひとりだと不安」

「病気の種類によっては、ひとりでいるほうがラク

などなど、ひとりに関わる様々な気持ちについての考察と‥‥‥

 

「家族がいないから“ひとり”なの?」

「恋人やパートナーがいないこと?」

「ひとりかどうかは、見てわかるの?」

「誰かといても、心はひとりってこともある」

などなど「“ひとり”ってどういうこと?」についての考察と‥‥‥

 

2つの切り口からの考察が、螺旋のように絡み合う展開。

 

個人的に「そういう考え方もあるのか!」と思ったのは、

「ひとりだと自由すぎる。誰かといて多少制約があるほうがおもしろい」という声。

もちろん「相手による」っていうのもあるけれど、趣味などによっても、ひとりが楽しいかどうか分かれそう。

「人生ゲームはひとりじゃ楽しめない」という例が、わかりやすくてよかったなぁ。

哲学カフェもそうですね。

 

それから、これも同じ人が言った言葉ですが、

「集団は強そう」という言葉も、なんだか印象に残りました。

「強そう」であって、本当に「強い」かどうかはわからない。

けど、実際に強いかどうか以上に、強そうに見えることが大事と考える人もいそう。

強そうに見えることで、攻撃を避けられることもあるしなぁ、なんて思ったり。

(対話してるときは言わなかったけれど、集団でいると、痴漢に遭いにくかったりもするもんなぁ。)

 

そこから、「“ひとり”ってどういうこと?」についても、

精神的な問題なのか、周囲からどう見られるかの問題なのか、

わからなくなってきました。

わからなくなってきたのだけれど、周囲からどう見られるかに関心がなかった自分が、「あれ?そっちの問題も無視できないぞ」と気づかされた対話でした。

わからなくなるときって、やっぱり何かに気づいたときなんだなぁ。

 

ご参加くださったみなさん、フリーデザイン岡山のみなさん、ありがとうございました。