松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

オープンミーティング「終わりは始まりー“CCCSCD”で岡山芸術交流を語りあう」

11月23日(土)の夜は、後楽園から旭川をはさんで向かいにあるカフェ、CCCSCDへ。

岡山芸術交流2019のクロージングイベントに登壇させていただきました。

 

www.okayamaartsummit.jp

 

昼間、牛窓オリーブ園で哲学ウォークのあとで間に合うかどうかギリギリだったので一瞬断ろうかとも思ったのですが、今年は3年前の前回以上に‥‥‥

  • パブリックプログラムをとおして、ピエール・ユイグの「もし蛇が」に“てつがくやさん”なりに応えてみたぜ!*1
  • 現代アート音痴なりに、芸術交流の楽しみ方が掴めてきた!

という手応えがあり、ぜひ3年後に繋げたい!と思って駆けつけました。

なんとかギリギリ間に合って、よかった!

 

関連企画、サポートスタッフなど、それぞれの仕方で岡山芸術交流に関わってきた岡山在住の人たちが集結。

会期中は自分の担当で忙しく、この日が初めましての方もいましたが、それぞれの視点から貴重なお話をうかがうことができました。

特に、現代アート音痴のわたしが感謝してやまない会場スタッフの方(さりげなく、とっつきにくい作品を楽しむヒントをくださいます)のお話をうかがえてよかった!

あと、“こどもナビ”のお話も、こども哲学の参考になりそうなヒントがちらほら。

正直、会期中は自分の企画でいっぱいいっぱいなので、こうやって他の方のお話をうかがえる機会があってありがたい。

 

「オープンミーティング」らしく、それぞれの視点から、そして来場者のみなさんからも課題も出し合えたのも、とてもよかった。

「終わりは始まり」ということばにふさわしい会だったのではないでしょうか。

企業母体の財団と岡山市岡山県といった、仕組みのちがう組織がともに実施するうえで難しいことも多々あるかと思いますが、3年後に向けて、わたしなりにできることを今から始めてみようと思います。

(とりあえず、3年後の自分のスケジュールを確保しておくところから!)

*1:もしかしたら、アーティストもこんな感じでユイグのお題に向き合ってるのかも?