まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

遺族のためのがんカフェ 2回目

昨日10月23日(火)は、ゆうあいセンターにて、遺族のためのがんカフェを開きました。

7月末に続いて、2回目の開催です。

 

遺族のためのがんカフェ

 

今回は、初めての方が4名。

たまに「こういうふうに気持ちの整理がついた」という方もいらっしゃいますが、なかなか気持ちを整理できないという方も多いです。

なかなか人に話せなかったことを話すだけでも、ずいぶんちがうのでしょう。

毎回、「今まで泣けなかったけど、初めてちゃんと泣けた」という方がいらっしゃって、それだけでも開催した甲斐があるなと思います。

 

f:id:e-matsu145:20181023160906j:plain

ようやく箱ティッシュ導入しました!

 

人って、大事なことを初めて言葉にするとき、自然と涙が溢れるもの。

初めて会う、同じ立場の人だからからこそ話せることもあるでしょう。

進行云々より、話せる場があることそのものに意味がある。

そのことを強く実感する活動です。

 

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

 

次回は、1月か2月に開催の予定です。

年末年始は、お休み‥‥‥ではなく、この活動をより継続的に、より充実したものにするための準備期間です。

年明けには、賛同者・協力者のみなさんにも関わってもらいやすくなるようになる予定です。

そのときは、改めてどうぞよろしくお願いいたします。