まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

1月の参加者募集中

更新が滞っていたせいで、今月のイベント案内も満足にできていませんでした。

ごめんなさいm(_ _)m

遅ればせながら‥‥‥

 

 

 

1/17(火)「人生で大切にしていること」@岡山市立高島公民館

岡山市立高島公民館で平日午前中に開催している哲学カフェ。

「みんなが人生で大切にしていることを聞いてみたい!」と地域の人が提案してくれたテーマ。

他の人の大切にしていることを聞いたり、自分が大切にしていることを言葉にしてみると、なにか気づきがあるかも!?

 

www.facebook.com

 

 

1/16(水)家族のためのがんカフェ@ゆうあいセンター

がん患者さんのご家族限定のがんカフェです。

「第2の患者」とも呼ばれる、がん患者の家族で集い、家族ならではの悩みや不安、思い、そして工夫について話し合ってみませんか?

 

www.facebook.com

 

 

1/26(土)「『つながり』と『しがらみ』」@Ziba platform

岡山県津山市で「集う、つながる、つくりだす」をコンセプトにつくられたカフェ&コミュニティスペース、Ziba platformで奇数月に開催している哲学カフェ。

年末年始、「つながり」や「しがらみ」を感じた方も多いのでは?「つながり」と「しがらみ」は同じ?ちがう?それとも???

美味しいお茶とお菓子をいただきながら、ぜひ一緒に考えましょう♪

 

www.facebook.com

 

f:id:e-matsu145:20181123150706j:plain

Ziba platformでの哲学カフェ

 

 お詫び:宝湯で考える

なお、1月9日(水)に宝泉相生湯で開催された哲学カフェ「宝湯で考える」については、こちらにレポートをアップしています。

 

matsukawaeri.hatenablog.com

 

本来なら事前にこちらでご案内すべきところ、事後報告になってしまい申し訳ありません。

「宝湯で考える」は、今後も毎月第2水曜日の19時から開催していく予定です。

 お近くの方は、ぜひお風呂のついでにお立ち寄りください。

宝湯で考える「占い、信じる?」

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

年末年始バタバタしていたのと、ちょっぴり疲れが出たのとで、すっかりご無沙汰してしまいました。

ごめんなさい。

 

12月のイベントもいくつか報告しなければならないんですが、まだ回復途中なので、順番は前後してしまいますが、気軽に書ける先日1月9日(水)に開いた哲学カフェのご報告を先にさせてください。

 

毎月第2水曜日に開催してきた「ヒバリで考える」ですが、会場のヒバリ照ラスの1階がリニューアル工事中ということで、会場が変わりました。

地元の方に「宝湯」と呼ばれ愛されている銭湯、宝泉相生湯の2階をお借りすることに。

それに伴い、イベント名も「宝湯で考える」にリニューアルしました。

  

www.facebook.com

 

テーマは新年らしく、「占い、信じますか?」にしてみました。 

占いを信じる人、信じない人、「信じるというより使う」という人、「信じる/信じないというより関心がない」という人‥‥‥。

いろんな参加者がいい塩梅で集まってくださって、

 

占いを信じる理由、信じない(信じなくなった)理由は?

「占いを使う」ってどういうこと?

占いの種類による違いは?

他人に占ってもらうのと、自分で占うのと、おみくじみたいに人を介さない占いは違う?

 

‥‥‥などなど盛り上がります。

 

そんななかでも、前半わたしのツボだったのが、「関心がない」派の二人が、釣り雑誌や競馬雑誌を読んでるという事実。

「そもそも占いを見る機会もない。釣り雑誌にも載ってないし!」
「競馬雑誌にも載ってない!」

ということでしたが、思わず、「でも、釣りも競馬も占いに似てるやん!?」って言っちゃいました。

そう感じたのは、それまでに、みなさんから占いの神秘性や「(ある種の)占いはデータの集積である」という指摘を聞いていたから。

集積されたデータを分析して予想するところと、データだけでは100%予想できない当たり外れがあるところが似てるなぁ、と思いました。

 

もうひとつ、後半けっこう盛り上がったのが、「占いと医療は似てる」という話。

占いも病院も、何か悩みや迷いがある人がいくところだよね、と。

特に占い師に占ってほしいときの、「誰か二話を聞いてほしい」「誰かに『あなたはこういう人だ』と規定してほしい」という気持ちが、「医者に『あなたはこういう病気です』と言われると安心するのと似てる」という指摘。

それについて、「カウンセリングと似てるね」という声も。

最後のほうに、それまで黙ってみなさんの話を聞いていた占い師の「わたしは、その人が無意識に思っていることを引き出して、背中を押してあげるつもりで占っている」という話と合わせて、「たしかに、自分自身が見ないようにしている自分に、自分ひとりで向き合うのは怖い。一緒に受け止めてくれる人がほしいときもあるな」なんて感じました。

 

他にも、「血液型占いを信じてたのに、大人になってから違う血液型だと判明した!」「占いが政治に大きな役割を果たしたのはなぜ?」、「卑弥呼の時代と現代の占いのあり方の違いは?」、「ノストラダムスの大予言、信じてないと言いつつ緊張してた」などなど、興味深い話がたくさん出てきて、あっという間の2時間でした。

 

 

次回の「宝湯で考える」は、2月13日(水)。

なにか、バレンタインにちなんだテーマをと考えております。

19時からゆるゆる始めますが、お仕事帰りで途中からの参加も大歓迎。

哲学カフェのついでにひと風呂浴びていくもよし、お風呂のついでに哲学カフェに参加していくもよし。

ぶらりとお越しいただければ幸いです。

 

そうそう、会場は土足禁止ですが床が冷たいです。

こちらでもスリッパをご用意していますが、愛用のスリッパをご持参いただけると助かります(^人^)

12/23(土)ミュージアムとの創造的対話02

お知らせが直前になってしまいましたが‥‥‥

明日12月22日(土)は鳥取博物館で開催中の企画展「ミュージアムとの創造的対話02 空間/経験ーそこで何が起こっているのか?」の関連トークの進行役を務めさせていただきます。

 

企画展関連 Open Dialogue 02 梅田哲也×学芸員たち

https://www.pref.tottori.lg.jp/item/1116394.htm#moduleid558790

 

f:id:e-matsu145:20181027001905j:plain

 

 

今回「博物館」という独特の環境を解体、再構成する展示に取り組んだ梅田哲也さん、ジャンルの異なる学芸員さんとともに、総合博物館がいかなる考え方の元に存在し、活動しているか、その「ミュージアムの哲学」とも言うべき本質に迫ります。

先月別件で鳥取に行ったときお話をうかがって、今回の企画展のなかで一番気になっていた企画だったので、ラッキーというか、心底この仕事をしていてよかった!と思いました。

 

展覧会情報はこちらよりどうぞ↓

https://www.pref.tottori.lg.jp/creativedialogues02/

ピーター・B.ラービ『哲学カウンセリング:理論と実践』

 前から読まなきゃ読まなきゃとおもいつつ、つまみ食いして放置していた哲学カウンセリングの本を読みました。

 

哲学カウンセリング―理論と実践

哲学カウンセリング―理論と実践

 

 

前半は、ひたすら「こういう見解もあればこういう見解もある」って感じなので、実践経験がないと、ちょっとわかりにくいかも。

けど、「哲学カウンセリングはセラピーか?」議論や、ラービが心理療法と哲学カウンセリングを区別するポイントとして教育的要素を挙げている点など、なかなか興味深かったです。

 

ラービは、「そこ、ちゃんと明確な形で教育的要素を取り入れようよ」って主張らしいけど、わたしはそこまでは思えない。

けど、たしかに、哲学カウンセリングは、クライエント自身が哲学しないと成立しない気がする。

となると、(わたしに教育しようという気は全くなくても)クライエントに、なんらかの仕方で哲学することを学んでもらっているとは言えるかもしれない。

 

他にも関心ある人がいたので、ちょっとした勉強会を開いてもらって、

 

「『相手を変えようとしてはいけない』(by.アッヘンバッハ)ってどういうこと?」

「原因-結果関係ではなく、理由-行動関係で問題を扱うってどういうこと?」

など、ご質問いただくことによって、わたし自身の理解も深まりました。

 

最近、1対1の哲学カフェもちょこちょこ実践しているけど、少しずつお仕事としてカウンセリングするときのコツもつかめてきたので、来年には自分の定番プログラムの一つとして定着させていけるといいな。

働くってどういうこと?@Ziba Platform

11月23日は、津山市にあるZiba Platformにて哲学カフェをしてきました。

勤労感謝の日ということで、テーマは「働くってどういうこと?」。

 

哲学カフェ in Ziba platform 『働くってどういうこと?』

 

10代の高校生(!)から60代の定年間近の方まで、幅広い年代の方8名(+スタッフの方)が参加してくださいました。

 

f:id:e-matsu145:20181123150706j:plain

2018.11.23「働くってどういうこと?」@Ziba Platform

 

印象深かったのは、「仕事なんて1回決めたらそうそう変えられないだろうし、自分に合った仕事を選べるかな?」「やりたいことと現実との折り合いをどうつける?」と現実的の厳しさを懸念する、「まだ働いたことがない」という高校生2人。

そしてそれとは対照的に、「合わなかったら転職もあり」「やりたいことやるために転職しました」「たしかに家族のことも考えなきゃいけないけれど、いまは家族を守るのがやりたいことだから我慢したり折り合いをつけるという感じではないな」「人生には、ガムシャラに働く時期もあっていい」などなど、ポジティブな考えの働く人たち。

 

年代問わず参加者の過半数が転職経験あり(なかには起業計画中の人も)だったのにも、働くことが明るくポジティブに捉えられていることにも、高校生たちはとても驚いていました。

たしかに、私がやってきた哲学カフェのなかでも、今回の参加者ほど、働くことをポイジティブに捉えている人たちが集まったのは珍しいかもしれません。

 

なぜ、これほどポジティブに働くことを捉えられるのか。

話していくうちに明らかになった、今回集まった働く人たちの共通点。

それは、常によりよい仕事や働き方を模索しているということでした。

転職経験のある人も、ない人も。

働き始めて数年の人も、定年間近の人も。

社会に貢献しようとしている人も、自分自身を見つめる人も。

 

そして、その前提としての、人も環境も変化したり成長するものであるという認識。

ずっと同じところに勤めている人も、その都度自分を見つめ、よりよい働き方を考えてきた結果、同じところで成長したり立場を変えて働くことを選んできたのであって、ずっと同じ状態であるわけではないということ。

 

転職するにしろ、同じ職場に勤め続けるにしろ、やってみないとわからないことはたくさんある。

となると、高校生から湧いてくるのは「わからない不安にどう向き合う?」「どうしたら、その勇気が湧いてくるの?」という疑問。

 

それには、たしかに一生の仕事を決めるとなると怖いけれど、「今からでも、少しずつ試してみては?」という答えが返ってきます。

関心ある分野の本やパンフレットを読むなど、高校生でもできることはある。

そうした小さな一歩を、少しずつ、ときに軌道修正しながら、重ねていくこと。

 

高校生と働く人たちのギャップから、「働くことは、変化し続けること」が浮かび上がってくる対話でした。

 

ご参加くださったんみなさん、Ziba Platformのみなさん、ありがとうございました。

 

Ziba Platformでは、他にも様々なイベントが催されているほか、普段はカフェやコワーキングスペースとしても開かれています。

お近くの方は、どうぞお立ち寄りください♪

 

理解と共感どうちがう?@フリーデザイン岡山

昨日11月28日は、フリーデザイン岡山で、コミュニケーション・カフェでした。

月に1回、利用者向けに、1つずつコミュニケーションのポイントをとりあげ、和やかに対話しながら学びます。

 

昨日は、以前、公民館でも好評だった「理解と共感どうちがう?」を取り上げました。

 

※公民館での様子はこちら↓↓ 久しぶりで内容忘れてたので、書いといてよかった...。

matsukawaeri.hatenablog.com

 

①ウォーミングアップ

コミュニティボールをつかって、一人ずつ「最近の『わかるわ〜』」と「最近の『わからんな〜』」を話していきます。

 

②プチレクチャー:理解と共感のちがい

何度かこのテーマをとりあげて話し合ってきた経験上、感情と理性のちがいではうまく説明しきれないことがわかってきたので、以下のように説明することにしました。

 

  • 共感=相手との共通点を見つける力
  • 理解=自分とは異なることを認める力

 

③プチワーク:理解フラッグ、共感フラッグを使ってみよう♪

みんなの「わかるわ〜」や「わからんな〜」についてについて、

共感した場合はピンクにハートの共感フラッグを、

共感できないけど理解はできるときは黄色い理解フラッグをあげ、

その理由を話し合いました。

f:id:e-matsu145:20180301091228j:plain

共感フラッグと理解フラッグ(制作:中央公民館、写真:佐々木大輔

 

今回は、幕内弁当を選ぶ人、岡山駅のトイレの場所のわかりにくさ、紅葉の美しさ、クリスマスに浮かれる気持ち、マラソンを走る人の気持ちなどなど。

和気藹々とおしゃべりしながら、それぞれの共感ポイント、理解ポイントを確認しました。

同じ共感フラッグをあげた人でも、それぞれ共感ポイントがちがっていたり。

理解フラッグをあげた人も、どこが理解できてどこが共感できないのか聞くとなるほどと思ったり。

理解フラッグと共感フラッグを使って対話することで、同じ事柄について捉え方のちがいが聞き出しやすくなる気がします。

 

次回は、共感や理解が難しいときのために、こわくない質問のコツを取り上げる予定。

フリーデザインの哲学カフェは、短時間の割に濃厚なことが多いので、コミュニケーション・カフェのほうは、今回のように、ゆるりと楽しく雑談力をつけていく感じで続けていけるといいな。

「言葉で伝わること/伝わならないこと」@岡山市立高島公民館

昨日11月22日(木)の午前中は、岡山市立高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。

テーマは「言葉で伝わること/伝わらないこと」。

 

「岡山」と「晴れの国」という表現で、受け取り方はどうちがう?

7月の豪雨災害以来、「被災地」という言葉が、これまでとちがう複雑さをもって響くのはなぜ?

LINEで感情がちがって伝わるのはなぜ?

「かわいそう」という言葉を使うのは難しい?

 

何気なく使った言葉が意図とはちがって受け取られてしまう難しさ。

言葉に対する感受性のちがい。

立場や文脈、表情、声色など、言葉をとりまく言葉以外のあれこれ。

‥‥‥などなど、意見や考えが対立するというよりも、みなさんの体験や感じたことから、言葉にじっくり向き合う、そんな対話となりました。

 

さらに午後からは、参加者有志(都合の合う方)のみなさんと、冬期の日程やテーマについて打ち合わせ。

f:id:e-matsu145:20181122145603j:plain

ふたばカフェ打ち合わせ(2018年度冬期)


1〜3月の開催予定は以下のとおりです。

  • 1月17日(木)「人生で大切にしていること」
  • 2月15日(金)「人の目、気になる?」
  • 3月11日(月)「人助けってどこまでできる?」

いずれも時間は10:00〜12:00。

どなたでもご参加いただけます。

来年も、みなさんと充実した対話を楽しみにしております♪

 

ご参加くださったみなさん、高島公民館のみなさん、ありがとうございました。