まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする哲学者、松川絵里のブログです。

女性専用車両と私(2010年4月)

ブログ投稿にまだ慣れていないので、練習がてら、過去に書いた文章をご紹介。

 

wan.or.jp

 

京阪なにわ橋駅のアートエリアB1で開催した哲学カフェ「女性専用車両は差別か?」の議論に刺激を受けて書いたエッセイです。

 

エッセイは議論の内容を反映したものではありませんが、あの哲学カフェは、最も心に残っている哲学カフェの一つです。

震える声で「女性を守るために必要」と訴えてくれた女性、

女性専用車両は、男性差別だ」と主張してくれた男性、

そして「そもそも『女性』ってどんな人?」とツッコミをいれてくれたGIDの方。

彼らの声に耳を傾け、「差別ってなんだろう?」「差別と区別はどうちがう?」と一緒に考えてくれたみなさん。

今でも女性専用車両の表示を見るたびに、密かにあの議論を思い出します。
 

f:id:e-matsu145:20171014205613j:plain

2009.7.8 哲学カフェ「女性専用車両は差別か?」@アートエリアB1