まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

「理想の死ってある?」@岡山大学病院

昨日6月16日(日)は、岡山大学病院(医学部)で、医療者や医学生を対象とした哲学カフェの第3弾でした。

 

テーマは「理想の死ってある?」。

「死」をテーマにしてみたいと要望があったのですが、人の死に触れる機会が通常より多い方が対象なので、なにか切り口がほしいな、と。

「理想の死」なら、医療者としてだけでなく自分ごととしても「死」について考えやすいのではとおもって提案させていただきました。

 

結果、こちらの「医療者」に対する思い込みが見事に打ち砕かれるほど、ヴァリエーションに富んだ視点が出てきました。

 

突然死ぬほうがいい?死までに準備期間があったほうがいい?

自分にとっての理想の死と、家族にとっての理想の死はちがう?

自殺しちゃいけないって本当?

大事なのは、死ぬまでのプロセス?それとも死んだあと?

死はこわい? こわいとしたらなぜ? こわくないとしたらなぜ?

死ぬときの痛みや苦しみ? 忘れられること? 生まれ変わるのがこわい?

死んだらどうなる? 無になる? 生まれ変わる?

死んでも覚えてくれてる人がいれば、存在してる?

親しかった人が死んでもそばにいる気がするのはなぜ?

理想の死のためには、よく生きることが必要?

常に死を意識して生きるのはなぜ難しい?

生きる意味とは?

 

一番多くの時間が割かれた亡くなった方との関係性、「第二の死」に関する話題も大変興味深かったのですが、輪廻転生の話や、死んだ身近な人がそばに(あるいは自分と一体化して)いるような感覚について、大学病院で医療に携わる/学ぶ人たちと話せたのが、予想外でワクワクしました。

 

「死んだら無になる」というのも、「死んだら生まれ変わる」というのも、互いに正しいともいえないけれど、間違っているともいえない。

どちらも証拠はないんだけれども、それぞれに、確信に近い実感をもっているというのが伝わってきました。

医療者というのは、きちんとしたエビデンスに基づいて判断することが求められる一方で、エビデンスを超えた死生観をもって生きている患者さんやご家族と接する職業でもありますよね。

医療者のなかにもそういうエビデンスを超えた死生観がある、自分と異なる死生観をもっている人がいるという実感が、なにかしら患者さんと接する際に役立つのではないかな、役立つといいなと思いました。

 

それから、親しい人が亡くなる過程で、その人と一体化していくような感覚についても。

死というのは、大事な人と自分とを分かつ、個人が個人であることを否応なく実感させられる出来事だと思っていましたが、必ずしもそうではない。

死によって個人という単位が揺らぐこともあるのだと、今回の対話を通して初めて気づかされました。

 

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

追伸

今回の対話のなかで話題にでた『リメンバー・ミー』。

これまでノーマークだったけど、気になってきました。今度、観よっと!

リメンバー・ミー (字幕版)

リメンバー・ミー (字幕版)

 

 

「ホントのこと言う?言わない?〜フーコーのパレーシア論をヒントに〜」@グリーングラス

先週6月6日(木)は、神戸のグリーングラス(愛称「グリグラ」)へ。

学生の頃からお世話になっている、元(?)育児サークルです。

 

「テツドクに参加したことがないから、してみたい」

「松川さんの研究の話もきいてみたい」

というリクエストに応じて、グリグラ初のテツドク!をしてきました。

「テツドク」は、「哲学書を読む」の略。

テーマ代わりに哲学書の言葉に触れ、感じたこと考えたことを語り合う哲学カフェです。

 

とはいえ、哲学書に全然関心のない方もいるだろうなぁ。

ということで、まず、最初の1時間は「ホントのこと言う?言わない?」をテーマに、普通に哲学カフェを。

 

f:id:e-matsu145:20190606163528j:plain

2019.6.6.「ホントのこと言う?言わない?」@グリグラ

 

その後、その内容に関連するこちらの本の内容を紹介して話し合いました。

 

真理とディスクール―パレーシア講義

真理とディスクール―パレーシア講義

 

 

「率直に真理(真実)を述べること」を意味する古代ギリシアの概念「パレーシア」について、ミシェル・フーコーが分析した講義録です。

テツドクでは、「パレーシア」についてのポイントを説明している最初の20ページから、ポイントを抜粋して紹介しました。

 

これまで、この本で何度か(5回ぐらい?)テツドクをしていますが、今回のように、本を紹介する前にテーマを設けて話し合うスタイルは初めて。

3時間あったからできたことですが、いいですね。

「家族から家事についての指摘を受けて、モヤモヤした」

「友達にイヤなことをイヤと伝えるかどうか迷ってる」

「職場のムダを指摘したら、左遷されてしまった」

などなど身近な事柄について話し合ったあとだったので、それらが本のポイント(パレーシアの条件、リスク、義務など)を理解するよいヒントになった気がします。

また、リスクや義務と切り離せない「パレーシア」という概念を参照することで、最初にみなさんが話してくれた例のなかにも、様々な種類があることがわかってきました。

 

個人的に興味深かったポイントは、以下の3点。

 

1)言いたい?言うべき?言っちゃう?

ホントのことを、自分がすっきりするために「言いたい」のか、他者や社会のために義務感から「言うべき」なのか、自分の発言の影響をあまり考えず「言っちゃう」のか。

今後はちゃんと区別して話そうと思うと同時に、本当に区別しきれるのかなぁという疑念も。

 

2)細かいことはいちいち言わないけれど、大事なことは言う?小さなことは言えるけど、大事なことほど言うのを躊躇してしまう?

これはけっこう、個人差ありそう。

どうして、人によってちがうんだろう?

両者の差異が気になりました。

 

3)ホントのことを言われると、傷つくのはなんで?

これはこれで、哲学カフェのテーマになりそうですね。

 

 

わたしがうかがうのは年1〜2回になってしまいましたが、グリーングラスでは、カフェフィロメンバーの進行で、2ヶ月に1回程度のペースで哲学カフェが開かれています。

今後の開催予定日は以下のとおりです。

 

8月27日(火)

10月29日(火)

12月10日(火)

2月25日(火)

 

※いずれも10:00受付開始、10:15〜12:00開催

 

神戸市北区役所が鈴蘭台駅直結のビルに移転したおかげで、会場までのアクセスもよくなりました!

みなさんもご都合があえば、ぜひご参加ください。

(予定が変更されることもあるかもしれないので、事前に確認&申し込みしてからご参加いただくことをおすすめします。)

 

哲学対話で情報倫理!@明石高専

昨日は、明石高専で哲学対話のお仕事でした。

 

ここ4年ほど、明石高専で週に1度、非常勤講師として「哲学概論」を教えているのですが、そこで意気投合した情報工学の先生が、「ぜひ、哲学対話をつかった情報倫理教育を!」と実現に向けて動いてくださいました。

まずは、カフェフィロと大阪大学臨床哲学のメンバーから進行役を募って、昨年度末に電気情報工学科3年生のみなさんと「個人情報はどこまで守るべき?」をテーマに実施。

 

www.akashi.ac.jp

 

そして今学期は、1年生の全クラスを対象にやってみようとしています。

昨日は、あるクラスを対象に3グループに分かれて、「ネットを使っていて難しいな〜と思うこと」を話し合いました。

ネットを使っていて感じる身近な戸惑いがあがる一方で、全くそんな戸惑いを感じない人もいたり、お互いびっくりしたり、倫理的な問題ががっつり話し合われたグループもあったりしたようです。

2回実施するなかで、高専で哲学対話をする際、私たち進行役が気をつけるべき進行のポイントも浮かび上がってきました。

 

このプロジェクトにお誘いくださった佐村先生は、情報倫理教育の一環として哲学対話を導入するだけでなく、「スクールカウンセラーのように、哲学カウンセラーも一校にひとり常勤で必要では?」という提案もされています。

ご関心のある方は、佐村先生の論文「指針の空白を埋める情報道徳教育」を、こちらからどうぞ。

6月の参加者募集中!〜哲学カフェあれこれと尾道でプチセミナー〜

こんにちは。

心身ともに安定しない日々が続き、うっかりブログの書き方を忘れそうなぐらい、あいだが空いてしまいました。

下書き保存中のレポートもちらほら‥‥‥ごめんなさい。

あたたかい目で見守っていただければ。

 

さて、6月に開催予定で、参加者募集中のイベント情報をこちらにアップしました。

eri-philo.com

 

定番の哲学カフェあれこれ以外に特筆すべきは、6月9日に尾道開催するこちら↓↓でしょうか。

onomichi-share.com

 

きっかけは、尾道自由大学の学園祭でお世話になった方の、「とある会でディスカッションをするはずだったのに、質疑応答みたいになっちゃったんだよ〜」というモヤモヤ。

あるあるですね。

質疑応答をディスカッションに、つまり一方通行な学びを双方向に学びに変換するには、〈質問〉と〈問い〉を意識して使い分ける必要があります。

そこで、その使い分けをレクチャーとワークを組み合わせて、少人数で気軽に学ぶ会を開くことにしました。

初めての内容なので、お試し価格で!(次回もこの価格でできるかわかりません)

哲学カフェ尾道と同じ日の午前中なので、両方ハシゴするのもオススメです。

 

 

イベントカレンダーも随時更新しています♪

calendar.google.com

 

 

「哲学カフェってなに?なぜ哲学カフェに来るの?」@高島公民館

今日は、高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。

以前から、「みんなが、なぜ哲学カフェに来てるのか聞きたい!」というご要望があり、じゃあ新年度に、改めて「哲学カフェってなに?」に関するいつもよりちょっと丁寧な説明(プチレクチャー)付きでやってみましょうか、ということに。

 

f:id:e-matsu145:20190514160450j:plain

めずらしく、スライドを使った説明など

 

これまで参加された方が、哲学カフェに参加してる理由は、こんな感じ。

  • 楽しいから参加してる。ただ、楽しむのが目的かというとどうだろう?
  • 哲学カフェに参加すると、それぞれの人が、自分の考えもって人生を生きてらっしゃるんだなぁと実感する。頭ではわかっていたけれど、他ではそんなに多種多様な人と出会えない。
  • 人によって常識/非常識が全然ちがうのが面白い。人の意見を聞きながら、自分の考えが積み上がっていくのも楽しい。
  • もともと、考えるのが好き。できるだけ建設的に、ものごとの奥や拝見も知りたいが、こういう話ができる場が他にはなかなかない。
  • 哲学カフェってアートだな〜と思う。場所とテーマの組み合わせで醸成されるものが味わい深い。
  • 思春期のころからの哲学的な関心をいろいろあって封印していたけれど、知り合いに「哲学カフェ好きそうだから」と誘われて、封印を解くことに‥‥‥。

 

今回初めて来てくださった方には、今回参加してみようと思った理由を聞いてみました。

  • 哲学、倫理に子どものころから興味があった。その後、すっかり忘れていたけれど、公民館の案内をみて思い出し、参加してみることに。
  • 勤めているときは組織の考え方に縛られていたけれど、組織との関わりが薄くなった最近になって、「哲学」に再び触れたくなった。

 

ところで、こうやって哲学カフェについて哲学カフェすることのは、その日初めて哲学カフェに来た人とどうやって哲学カフェについて対等に話し合うかという難しさがあります。(一般的に、ある物事について、経験のある人とない人とが対等に話し合うというのは困難なので)

なので、ひととおりみなさんの理由を聞いた後どうするか迷ったのですが‥‥‥

今回は、ちょこちょこ参加してくださってる方から「話しやすい距離感ってどれぐらい?」というギモンが出たおかげで、助かりました。

 

f:id:e-matsu145:20190514120640j:plain

哲学カフェについてゴリゴリ話す①か、哲学カフェの感想から別テーマ②に移行するかと迷っているところに、ちょうどいい塩梅の問い(青い囲み)が!

 

なんでも、他所の哲学カフェで座席がぎゅうぎゅう詰めだったため(その日は特に参加者が多かったせいもあるのですが)、隣の人がすぐ近くにいるので顔をそちらに向けることもできず、話しにくかった。初対面の人と話すのに適切な座席の距離というのがあるのではないか?とのこと。

これなら、哲学カフェについて考えると同時に、哲学カフェが初めての人も様々なコミュニケーションの経験を元に話せます。

ということで、残りの時間は、「どれくらいの距離感だと話しやすい?」についてあれこれ意見を聞きました。

 

「ぎゅうぎゅう詰めの哲学カフェも好き!」という人もいれば、

「知らない人とぎゅうぎゅう詰めはきついなぁ」という人も。

「みんなの顔が見えたほうがいい」という人もいれば、「自分が話しているときに相手の表情が曇ると、話を続けるのを躊躇してしまう」という人、反対に「相手がニコッとしてくれると、話す勇気が湧く」という人も。

会議などの経験から「四角いテーブルは発言しにくい」「テーブルが丸いと話しやすい」という声に、「隣の人が自分とちがう意見だと、緊張してしまう」という声。

 

さらに、こうした話しやすさ/話しにくさの感じ方の違いから、感じ方の異なる人や見知らぬ人と場を共有するとはどういうことか、公共の場で話し合うとはどういうことか、という哲学カフェの本質に関わる問題に迫ることができました。

 

改めて、哲学カフェの魅力と難しさに気づかされ、わたしにとっては非常に有意義な時間でしたが、参加されたみなさんはいかがでしたか?

座席のことも含め、今後もみなさんと試行錯誤を重ねていけるとうれしいです。

 

ご参加くださったみなさん、高島公民館のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

5月の参加者募集中!

バタバタしていて、ご無沙汰してしまいました。

GW、いかがお過ごしでしょう?

私は、非常勤講師のお仕事や、クローズドな哲学対話のご依頼で、いつもとあまり変わらぬ日々を過ごしております。

 

ウェブサイトに、5月の参加者募集イベントをアップしました。

ご都合・ご関心が合えば、ぜひご参加ください。

 

eri-philo.com

ソクラティク・ダイアローグに参加する

先週末は一泊二日で、大阪大学の堀江剛さんが企画したSD研修会に参加してきました。

 

SD=ソクラティク・ダイアローグ。

ソクラテスが行った対話と区別するために「ネオ・ソクラティク・ダイアローグ(NSD)」と呼ばれることもあります。

進行は1年に1回ぐらいやってますが、参加するのはものすごく久しぶり。

問いをつくる→例を選ぶ→例を記述する→例からポイントを抽出する→抽出したポイントから問いの答えを出す‥‥‥と手順が決まっているうえ、その各々のステップで参加者全員の合意に至らねばならないというハードなワークですが、実は、哲学カフェ以上に好き。

堪能してきました。

みんなが納得するまでとことん話し合えるのが、いいです。

そしてやっぱり、進行するより参加する方が楽しい♪

 

そして、参加することによって気づかされることも。

このワークでは、進行役は内容に介入しないのがルールなので、進行役のときは意見を言わない代わりに参加者のみなさんの様子‥‥‥

誰が発言して誰がまだ発言していないのか、

どこまで合意が形成されているのか、

対話についていけてない人はいないか、

遠慮して発言できない人はいないか、などなど

‥‥‥を気にかけよく見るようにしているのですが、参加者の一人になると、自分が考えるのにいっぱいいっぱい。

参加者だとこんなに他の参加者の様子が見えないものなのか!と驚きました。

今度、進行役をやる機会があったら、その辺りもこれまで以上に配慮せねば。

 

 

ソクラティク・ダイアローグに関心のある方は、堀江さんが書かれたこちらの本をどうぞ。たぶん、日本で唯一のSDに関する本です。

ソクラティク・ダイアローグ (シリーズ臨床哲学4)

ソクラティク・ダイアローグ (シリーズ臨床哲学4)