まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

「自己評価/他者評価」@牛窓オリーブ園

8月24日(土)は、牛窓オリーブ園内のカフェ、山の上のロースタリで哲学カフェでした。

(今更だけど、牛窓オリーブ園、入園無料ってすごいな)


nippon-olive.info

 

テーマは「自己評価/他者評価」。

 

  • 他者評価気にする?気にしない?気にするのはどんなとき?
  • 他者評価をどう生かす?〜自分で気づかない長所や可能性に気づくチャンス〜
  • 自己評価と他者評価のギャップはなぜ生じる?〜プロセスと結果〜
  • 評価と価格は比例する?お金に反映されない評価とは?
  • 評価されるためには、自己アピールしないとダメ?
  • アピールしないと気づいてもらえないのはさみしい?
  • 評価と認識のちがいは?〜評価には基準がある/基準の多様性〜
  • 認識しないと評価できない?評価から認識が生じることもある?
  • 評価と期待〜ジェンダー役割の変化〜


「自己評価/他者評価」と最初にきいたときは、両者のギャップをややネガティブにとらえていました。が、そのギャップを自分の成長につなげるというポジティブな側面が見えてきたのがよかったです。

他者評価が自己評価や行動に与える影響や、その活かし方に関する話は、かなり実用的なヒントがつまっていたのではないでしょうか。

 

松川的ハイライトシーンを挙げるとしたら、「自己アピールをしないと気づいてもらえないのは、さみしい」という発言でしょうか。

その発言がでた瞬間、どっと笑いが起こったんです。

そのまま流すこともできたんですが、あえて、その理由を尋ねてみると‥‥‥

「評価されるには自己アピールをしなきゃダメだと言われることが多いなかで、全く別の価値観」

「『ダメ』じゃなくて『さみしい』という気持ちで表現されたのが、新鮮」

などなど、笑いの理由も興味深かったです。

 

また、それと関連して、「評価と認識の関係」についても、気づかされることが多かったです。
私は「認識されなければ評価されることもないのでは?」と思ったのですが、他の方が「評価が認識につながることもある」というのを聞いて、たしかに!と。
実は今回のテーマは、主催者の日本オリーブ株式会社の方が、「自分たちはいい商品をつくってるつもりだけど、手前味噌ならぬ手前オリーブオイルになってないか?」と、コンテストに応募したところから浮かんだそうです。

そういえば、コンテストで賞をとるって、商品を知らなかった人に知ってもらえるチャンスですよね。

そう考えると、評価→認識という順で起こることも多いのかも。

 

www.nippon-olive.co.jp

「私たちは水や空気がなければ生きていけないのに、当たり前になってしまっていちいち評価しない」という話もおもしろかったなぁ。

最後には、性別によって期待される役割が異なると評価のあり方も異なること、またその有り様も時代の変化で変わってきているのではないか、という話も出てきて、ひとりひとりの仕事や暮らしに関するミクロな視点から、社会状況を見つめるマクロな視点が出てきたのもうれしい驚きでした。

 

夏の牛窓の景色も楽しんだし、キノシタショウテンの珈琲も堪能できたし、

帰りには絶対買おうと決めていたオリーブオイルも購入して‥‥‥

 

なんでもこれで焼くだけで美味しいのでリピートしてます。(見た目ほど辛くないよ)

www.nippon-olive.co.jp

 

 

‥‥‥大充実の1日。

 

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

日本オリーブさんの本社にプラトンにご縁のあるオリーブの樹があることから始まった、牛窓オリーブ園での哲学企画《牛窓アカデメイア》。

次回は秋に、哲学ウォークを開催できたらと考えています。

 

サイト、リニューアルしました。

無事ドメインの移管も完了して、サイトリニューアルしました。

URLは以前と同じです。

 

www.eri-philo.com

 

参加募集中のイベント情報はトップページからどうぞ。

「詳細」をクリックすると、各主催者のイベントページにとびます。

 

 

HP作成サービスを、グーペからWIXに乗り変えてみました。

編集が簡単なグーペを1年ほど使ってみることで、自分に必要な機能と要らない機能がはっきりしたので、最初のサイトはグーペにしてよかったです。感謝!

しかし、わたしが最も伝えたいイベント情報の掲載に限界があることが判明(カレンダーが、出前型のてつがくやさんには不向きでした)。

満を持して(?)、WIXに乗り換えました。

WIXイベントのおかげで、開催日順に一つ一つのイベントを紹介できるようになりました。

 

タイトルもスマホでレイアウトが崩れないように短く!とりあえず!って感じだし、

ブログもWIXに乗り換えちゃうかこのままHatenaで続けるか迷ってるしで、

まだ手をいれていくことになるかと思います。

あたたかかく見守ってやってください。

 

 

とにかくカンタンにそこそこのHPがつくちゃうグーペ

goope.jp

 

ちょっとがんばれば、かっこいいHPを自由につくれちゃうWIX

ja.wix.com

サイト、メンテナス中

ただいま、私のホームページが見れない状況です。

申し訳ありません。

 

お盆休みにサイトのリニューアルをしようとしたら、ドメインの設定にちょっと手間取ってしまいまして‥‥‥。

参加者募集中のイベントについては、適宜こちらのブログでお知らせするようにします。

 

 

「生きやすさって何?」@ゆうあいセンター

どうも最近、哲学カフェのレポートを書きかけては保留‥‥‥ということが続いています。

おもしろすぎるとまとまんない、という、うれしい悲鳴。

 

8月18日(日)は、きらめきプラザの2階ゆうあいセンターにて自主企画の哲学カフェでした。

テーマは、「生きやすさって何?」。

前回のアンケートでご提案くださったテーマのなかから、一番、場所に合いそうなもの(きらめきプラザは、福祉施設なので)を選ばせていただきました。

 

f:id:e-matsu145:20190818092958j:plain

2019.8.18「生きやすさって何?」@ゆうあいセンター

 

テーマを選んだときから「“生きづらさ”じゃなくて、“生きやすさ”か〜」と思ったのですが、他にもそう思われた方がいらっしゃったよう。

しかも本人も「生きづらさ」と書いたつもりだったらしい。

でも、そのおかげで、「生きづらさについてはよく考えるけど、生きやすさについてはあまり考えたことがないのはなんでだろう?」と気づかされました。

「これまで哲学カフェに興味はあったけど参加するまでに至らず‥‥‥今回のテーマをみてこれは!と思ってきました」という方も。

テーマのおかげで、新しい出会いもあり、うれしい限り。

 

そして今回は、論点について突き詰めて考えるというより、ひとりひとりの生きやすさと生きづらさが言葉になっていくのを静かに耳を傾けて見守る‥‥‥そんな時間が多かった気がします。

 

見た目でわからない障害や病を抱えている方。

職場の同調圧力にモヤモヤしている方。

思っていることを話すのが苦手で、でも黙ってるのも苦しいという方。

年を経るごとに執着や拘りが減って生きやすくなってきたという方。

誰の助けも借りずに白杖で出歩けるように道が整備されたら便利だけど、人の優しさに触れる機会が減ってさみしいかもと、生きやすさのハード面とソフト面を指摘してくだった視覚障害をもつ方。

思いやりはあるけれど生きづらそうな家族と、ちょっとワガママに見えるけど生きやすそうな家族とのあいだで揺れる方。

 

みなさんが互いの言葉に耳を傾ける様子が心地よく、優しさを感じる時間でした。

 

ただそのなかにも、意見が対立し議論が立ち上がる瞬間もあり。

それもまた、おもしろかった!

「できないことを要求されると辛い」という話から、「辛いのは、認められたいとか、こうしたいという執着や欲があるからじゃないか。そして、少しできたとしても、欲が大きくなって、また苦しくなる」という欲と生きづらさのスパイラル説を展開してくださった方がいる一方で、「これをしてほしいと言われて、できなかったことがない」という方。

前者の方は「もし私が腕がなくして、全く同じ腕を再生してと言われてもできないのでは?」と投げかけると、なんと後者の方は、「再生医療の専門家を知っているから、紹介してあげられる」と言うではありませんか!

前者の出した例もすごいツボだし、後者の返答も「そうきたか!」という驚きでワクワクしちゃいました。

そして二人のやりとりから、「できる」の二つの意味に気づかされました。

前者のいう「できる」は、期待される事柄をその通り自分が実現すること。

それに対して、後者の「できる」という言葉が指し示す範囲がずっと広いことがわかります。

期待される事柄をその通りにできなくても、別の対処法や成長につながれば「できる」だし、自分自身がそれを実現しなくとも、それを実現できる人につなげれば、「できる」。

 

哲学カフェの時間には、これ以上深掘りすることはできませんでしたが、帰ってから思い返してみると、対立するように見えた二人の見解が、それぞれ「生きづらさ」と「生きやすさ」のポイントをつく裏表のような関係であることに気づかされました。

なぜ生きづらいのか、そして生きづらさを生きやすさに変化するポイントはなんなのかということが、この2つの「できる」のちがいにあるような‥‥‥。

そして、これって他のみなさんも言及されていた「ソフトな生きやすさ」や「一人じゃなく仲間がいること」「助けを求めること」にも関連しそう!

 

哲学カフェの最中にそこまで言葉に仕切れなかったのが悔しい気もするけれど、終了後も気づきがあるのも哲学カフェの醍醐味やし、せっかくなので参加できなかった方ともここでシェアさせていただきます

 

いろんな考えをもった人がいるということ、そして、いろんな体験をもつ人がいるということの味わい深さを感じる対話でした。

ご参加くださったみなさん、素敵な時間をありがとうございました!

 

f:id:e-matsu145:20190820122455p:plain

2019.8.18「生きやすさって何?」@ゆうあいセンター

 

読書会『イジェアウェレへ』@スロウな本屋

昨日8月17日(土)は、スロウな本屋さんの読書会に参加してきました。

 

イジェアウェレへ: フェミニスト宣言、15の提案

イジェアウェレへ: フェミニスト宣言、15の提案

 

 

※スロウな本屋さんでも購入できます。

イジェアウェレへ フェミニスト宣言、15の提案|オンラインショップ|スロウな本屋

 

 

お仕事ではなく、お付き合いでもなく、単なるいち参加者として。

参加の決め手は、帯のこちらの言葉。

 

どうしたら

「女だから」という理由でふりかかる、

理不尽でマイナスな体験をさせずに子育てできる? 

 

 

しかし、ここ何年か、自分が育てられる過程で、「女の子だから」という理由でいろいろ理不尽な対応をされてきたんじゃないかと気づくことがありまして。

 

何回かにわけて少しずつ読んでいくということで、第1回の今回は、主に第1の提案の「フルパーソンであること」、第2の提案の「一緒にやること」を読みました。

「フルパーソンであるってどういうこと?」というギモンから、個人の人格として見られない状態って、「嫁」や「母親」というカプセル(殻)みたい!と気づいたり。

子育てのシェアについて考えるうちに、夫婦間だけでなくいろんな人とシェアできる/していることに気づいたり。

一人だったら気づかなかったような発見がいくつもありました。

 

今後も、できるかぎり(哲学カフェと重ならないかぎり)参加したいな。

ペンちゃんのお盆休み

相棒ペンちゃんは本日より週末までお盆休み。

 

お風呂にはいって

f:id:e-matsu145:20190812090406j:image

 

2〜3日、日光浴。

f:id:e-matsu145:20190812090432j:image

 

週末にはキレイになって哲学カフェに現れるでしょう。

 

台風がくる前に乾いてくれますように!

 

ペンちゃんが休んでるあいだ、

わたしは試験の採点したり、

書くべきものを書いたり、

ウェブのメンテナンスしたりする予定。

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

ある仕事の一環で、こちらのドキュメンター映画を観てきました。

 

moviola.jp

 

上映時間3時間半!(休憩入れると3時間40分)

岡山での上映が終了していたので、シネマ尾道へ。

移動も含めると丸一日仕事でしたが、観てよかった!

 

「こんなことまで図書館がするの!?」と驚いたり、

バックヤードの仕組みやスタッフ会議の様子にも興味津々。

あっという間の3時間半。

 

図書館ってなんだろう?

図書館の使命ってなんだろう?

と考えるヒントになるような映画でした。

 

 

度々映し出される黒人文化研究図書館や各分館の様子をみてると、

図書館全般に共通する使命とは別に、

それぞれの地域に特有の使命もあるかもしれない。

その地域にどんな人々が暮らしていて、他にどんな資源があり、何が足りないのか。

図書館が単体で単体しているわけではないということも感じました。

 

スタッフ会議のなかの予算に関するやりとりも興味深い。

そのあたりは、図書館に関心ある人だけでなく、別の公共的な活動のマネジメントに関心のある人にとっても参考になるかもしれません。

(図書館に全く関心がなければ、さすがに3時間半はきついだろうけど。)