まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする哲学者、松川絵里のブログです。

1月20日(土)の午前中はスロウな本屋にて、久しぶりの、えほん哲学カフェでした。

テーマの代わりに、絵本を読んで、感じたことや考えたことを語り合います。

 

長くなっちゃったので目次を設置しておきます。

 

『椅子ーしあわせの分量』

今回の絵本はこちら。

椅子―しあわせの分量

椅子―しあわせの分量

 

 

オーケストラの椅子、王女の椅子、画家の椅子、バーの椅子、学校の椅子、占い師の椅子、ボクサーの椅子etc...

様々な椅子から垣間見える「しあわせ」と「かなしさ」が、詩的な言葉で綴られています。

これまでに読んできた絵本とちがって、明確なストーリーがあるわけではありません。

さて、どうなるだろう?と、ドキドキ実験するような気持ちで企画しました。

 

「座る椅子が用意されている」ってどういうこと?

まず序盤は、冒頭のこの仮説に関心が集中します。

(そういえば、この仮説について意見が聞きたくて、企画したのでした。)

 

ぼくたちには

座る椅子が用意されている。

しあわせの分量も

かなしみの分量も

きまっているんだ。

(ささめやゆき『椅子 しあわせの分量』p.1)

 

「自分の人生は自分で選ぶものでは?と抵抗がある」

「昨日読んだときは違和感があったのに、次第に『そうかもしれない』という気がしてきた」

「座る椅子が決まってるのに憧れもある。伝統工芸の後継ぎとか」

 

それぞれ、なぜそう感じるのか、質問や体験談も交えながら掘り起こしていきます。

 

「椅子が用意されている」とはどういうことか?

「運命は予め決まっている」という決定論と同じなのか?

それとも、「あなたの居場所がありますよ」という優しいメッセージ?

そもそも、「椅子」は何を表してる? 役割? 居場所? 「席」とはちがうの?

 

「しあわせの分量も かなしみの分量も きまっている」というのは本当?

もしそうだとしたら、どんなにがんばっても意味はないの?

それとも、どんな選択もしなくても、人生後悔せずにすむってこと?

 

男性か女性かでちがう?

そして中盤、この仮説について「男性らしい意見では?」という発言をきっかけに、「男性か女性かで感じ方はちがう?」という話題に。

実は私、最初「男性か女性かはあまり関係ないのでは?」なんて感じていました。

しかし、結果的に、これが私に冒頭の仮説を理解する大きなヒントをくれました。

 

参加者のうちの何人かは、表紙を見て「ゆき」という名前から、作者は女性だと思ったとのこと。

ところが、先ほど引用した1ページ目に「ぼくたち」とあるので、作者は男性なんだと気づいた。

結局、その方がなぜ「男性らしい意見」と感じたか、十分に理解することはできなかったのですが(女性は結婚や出産などを機に人生の選択を迫られることが関連しているというとこまではわかったのですが)、偶然、そのやりとりから思い出したことが、私に仮説を理解するヒントをくれました。

 

私は、この作者のように「ぼく」という一人称をさりげなく使える人がうらやましい。

(うらやましい理由はややこしいので割愛しますが)「女性」という椅子に座っている私が「ぼく」という一人称を使ったとしても、こんなふうに自然に受けとめてはもらえないだろう。

そんなふうに、座る椅子によって、できること/できないことがある。

 

だとしたら、冒頭の仮説を、こんなふうに読むこともできるのではないかと思いました。

私たちは、自分が座る椅子を全く選べないというわけではないけれど、どんな椅子でも選べるわけではない。

どの椅子にも同じくらいの分量の「しあわせ」や「かなしみ」があるけれど、座る椅子によって、どんな「しあわせ」や「かなしみ」を味わえるかは異なる。

だからこそ、たとえば夫の転勤が決まったとき、仕事をやめて専業主婦になるか、遠距離婚をしながら仕事を続けるかといった選択に、私たちは悩むのではないか。

  

ある人が座っていた椅子に、別の誰かが座るということ

そして終盤。

「椅子とは何か?」「椅子が用意されているとはどういうことか?」から、「ある人が座っていた椅子に他の誰かが座るとはどういうことか?」に問いが発展します。

 

祖母の座った藤の椅子、

母の座った藤の椅子、

おばあさんになった私が座る。

祖母のくらしたこの家に、

母のくらしたこの家に、

おばあさんになった私がくらす。

椅子もテーブルも壺までもそのままで、

ただ人だけがかわってゆく。

(ささめやゆき『椅子 しあわせの分量』p.28)

 

映画のしまいはFINの文字。

Tout passe Tout lasse Tout casse

すべてはすぎゆき

すべては倦み

すべてはこわれる。

そしてひとつあいた椅子に

次の誰かがまた座る。

(ささめやゆき『椅子 しあわせの分量』p.31)

 

親から受け継いだ藤の椅子と、映画館の椅子。

どちらも、ある人が座っていた椅子に、別の誰かが座ることを描いている。

でも、これって、同じなの? ちがうとしたら、何がちがう?

自分が座っていた椅子に、他の誰かが座ることを、うれしく感じる人もいれば、さみしく感じる人も。

そこから、「いま自分が座っている椅子は、どうだろう?」「自分が誰かから受け継いでいるものってあるかな?」と、それぞれが自分自身に向き合いなおしたところで、この日の対話を終えました。(お雑煮の話題で盛り上がりました。)

 

他にも、「これが椅子ではなく座布団だったら?」「将棋士の座布団はどんなだろう?」なんて発言も。

様々な人生に思い巡らし、想像力を掻き立てられる一冊でした。

 

ご参加くださったみなさん、スロウな本屋の小倉さん、素敵な時間をありがとうございました。

 

f:id:e-matsu145:20180122170307j:plain

2018.1.20 えほん哲学カフェ@スロウな本屋

ふたばカフェ「嫌い・キライ・きらい?」

今日は、岡山市高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。

テーマは、「嫌い・キライ・きらい?」。

f:id:e-matsu145:20180119174307j:plain

ふたばカフェのチラシ


事前にみなさんと打ち合わせしたときは、「漢字の『嫌い』、カタカナの『きらい』、ひらがなの『キライ』でちがうんじゃない?」なんて話がでてこうなったのですが、今日はその方向には展開せず。

なので、ここでは深く考えず「嫌い」という表記にしておきます。

また、モノではなく、ほぼほぼ人に対して「嫌い」と思ったり言ったりするってどういうこと?をめぐる展開でした。

 

テーマがテーマだけに、具体的な体験について誤解や憶測のないよう触れるのは難しいので、論点だけご紹介しておきましょう。

  • 「嫌われた」と思うと嫌いになる?→相互性と負のスパイラル
  • 嫌いって伝える?伝えない?→「伝えたほうが偽らずにすむ」vs.「伝えたら相手を傷つけてしまう」
  • 「嫌い」と「苦手」や「不快」の関係は?
  • 「嫌い」は「好き」の反対?
  • 意識的に誰かを嫌いになることはできる?できない?
  • 「嫌い」は、自分の中にある感情?それとも、態度や振る舞いとして表れるもの?

8名といつもより少ない人数でしたが、たくさんの切り口が出ました。

 

なかでも私にとって印象的だったは、「嫌いにならないと(なろうとしないと)、自分を保てないことがある」という言葉です。

相手と自分は価値観や考え方がちがう。

そう認識するだけで、適切な距離を保ち、心地よい関係を保つことができればよいけれど、場合によってはそれじゃ適切な距離や関係を保てないことがある。

そういうとき「嫌い」と思ったり伝えたりすることで、(たとえ心の底から嫌いにはならなくても)程よい距離や関係に落ち着くことができることがある。

それは恋愛についての発言だったのですが、それまで出てきたどの例にも、そしてみんなの前ではあえて言わず秘めていた体験にも当てはまる気がしました。


次回のふたばカフェは、2月13日(火)。

テーマは、「甘やかすってどういうこと?」です。

www.city.okayama.jp

 

1/20のえほん哲学カフェ、キャンセル出ました。

1月20日(土)に開催予定の「えほん哲学カフェ」(大人向け)に、1名キャンセルが出ました。

少人数制ということもあって、いつもわりと早く定員に達してしまい「申し込んだけど、遅かった〜」という声もちらほら聞きます。

直前ですが、ご都合・ご関心の合う方は、ぜひご検討を!

 
「幸せ」に関する詩集のような絵本。本を持っていなくても参加できます。 
 

お申し込みは、スロウな本屋さんへお願いいたします。

みたいなノイズが入ってくるのがめんどくさいです。 

連投で、すみません。

ふと目に入った、勝間和代さんの言葉が、とても小気味よかったので。

 

こちらの記事の‥‥‥

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

‥‥‥ここ!

 

ベジタリアンは健康に悪いからやめろ。自分が知っているベジタリアンはみんな老けている」

みたいなノイズが入ってくるのがめんどくさいです。 

 

「ノイズ」って言っちゃてる!

「めんどくさい」って言っちゃてる!

 

私は逆に、健康オタクな知人から「肉は健康に悪い」みたいなノイズが入ってくるのがめんどくさいです。 

心配してくれてるのがわかるから、最初はやんわり対応するんだけど、そうすると会うたびに言われちゃうんですよね。

そうか、これぐらい言っていいのか。

そうね、これぐらい言わなきゃ、参っちゃうわ。

 

勝間さんも「まぁお互いに、宗教と同じなので」とおっしゃるとおり、最終的には信仰の問題なんじゃないかなぁ。

信じるか、信じないか。

どのような仕方で「健康」という名の神を感じるか、感じないか。

たとえデーターで「99%に効いた」と実証されたとしても、自分が残りの1%だったら、意味ないもの。

聞き方カフェ

先日ご紹介した卒業生インタビュー、けっこうアクセス数がいいみたいです。

いろんな意味で小さい私のインタビューがなぜ‥‥‥恥ずかしいけれど、ありがたいです。ありがとうございます。

 

さて、一昨日は「聞き方カフェ」なるものに参加してきました。

聞き方カフェin岡山駅前

 

たまには、哲学対話とはちがう聞き方も学んでみようかなと思って。

最初は、講師のくろちゃんが「愛」や「幸せ」について軽やかに語るのを見て、「自分とは全然ちがう」と感じました。正直言うと、若干、警戒もしました。

でも、どうもよく聞くと、私がちがう言葉で捉えてきたことが、そこにある。

聞けば聞くほど、「聞く」ということを追究していくと、同じところに辿り着くんだなぁ、と感じました。(もちろん、まだまだ途上ですが‥‥‥)

 

そして、同じだからといって学びがないかというと、全くそんなことはなく。

これまでやってきたことを、異なるやり方、異なる言葉で、捉え直す機会となりました。

 

 

なかでも一番印象に残ったのは、相手の声を聞けるようになると自分の声も聞けるようになる、自分の声を聞けないと相手の声も聞けない、ということです。

そのこと自体は、哲学対話を実践するなかでとっくに気づいていたはずなんですが‥‥‥

 

実は最近、プライベートで「私って、そんなに心広くないわぁ」と思うことがありまして。

自分自身の心の声に耳を傾けた結果、相手が許容してほしいと願っているあることを、相手が許容してほしいと願ってるってわかりながら、どうしても許容できなかった。

そのことについて、「私って冷たいかな」と若干迷いがあったんですが、聞き方カフェに参加して、同じ事柄を「愛」という言葉で語ることもできるのか、と。

結果的に相手も自分も尊重できてるし、まぁ、いっか!とふっきれました。

 

 

それもまた、くろちゃんがそう言ったというわけではなく、私がくろちゃんや他のみなさんと時間を過ごすなかで、自分で気づかされたこと。(「自分で気づかされた」って、日本語おかしいけど、自分で気づいたんだけど、自分だけで気づけたことじゃないので、この表現が一番しっくりきます。)

 

「仕事の参考になれば」と参加してみたけれど、昨年1年近くモヤモヤしてた悩みをふっきれて、思わぬ収穫でした。

哲学カフェ「親切とおせっかい」+プチレクチャー「哲学カフェってなに?」

昨日1月14日は、きらめきプラザ内にあるゆうあいセンターにて、哲学カフェを開催しました。

参加者が増え、岡山大学まちなかキャンパス・城下ステーションがやや手狭になってきたのと、バリアフリーな会場を求めて、初めてこちらの会場で開催してみました。

こでまでにも、ケア関係のイベントのゲストなどで利用させていただいたことはあったのですが、やはり主催者となるとやることがたくさん!

手続きやセッティングにやや手間取りつつも、直前にスタッフをお願いした後輩の佐々木さんやみなさんのご協力もあり、なんとか時間どおりにスタート。

 

f:id:e-matsu145:20180115132245j:plain

この日のために、リサイクルショップにて電気ポットも購入しました。

 

初めての場所ということは、初めて参加してくださる方が多いということ。

今回は、最初に哲学カフェに関するプチレクチャー「哲学カフェってなに?」をつけてみました。

対話の時間が減ってもったいない気がしますが、「哲学なんてしたことない」という人が多い場合は、やや丁寧めに説明したほうが、参加者にも安心していただきやすく、対話の内容も濃くなる気がします。

 

f:id:e-matsu145:20180115133107j:plain

いつもより、丁寧めな説明

 

 

そしてテーマも、初めての人が哲学カフェの醍醐味を味わいやすいものをセレクト。

「親切とおせっかい」。

ボランティアや福祉に関わる会場にも合うかと思って。

(書きながらふとおもったけど、こういう思惑もある意味、おせっかい?)

私はこれまでに同じテーマで2回哲学カフェをやったことがあるのですが、さて、今回は?

 

まず序盤。

様々な体験談な例をヒントに、「これっておせっかいかな?」「こういう場合はうれしいけど、こういう場合はちょっと‥‥‥」、「親切と感じるかおせっかいと感じるかは、受け手次第?」と、「親切」と「おせっかい」の違いについて探っていく。

‥‥‥というのは、このテーマでは定番の流れですが、今回はまた、その体験談が絶妙で味わい深かった!

特に印象に残っているのは、「うざいいメール」と呼ばれる気遣いメールの話と、おすすめの本を読んでもらえるよう職場に設けた○○ライブラリーの話。私、初対面の方の名前を覚えるのが苦手なんですが、このお二人のお名前はエピソードとともにインプットされてしまいました。

 

同じ行為を「うれしい」と感じる人、「重い」と感じる人。

自分の行為がおせっかいになっていないか懸念する人と、おせっかいのうちの何割かが親切になればいいと割り切っている人。

「イヤなら断ればいい」という人と、「断るのって難しい」という人、そして「断って、今後この人が声をかけてくれなくなったら」と心配する人。

参加者のあいだにある様々な差異とともに、「おせっかい」の実用的なポイント(「断りやすさや選択肢など、抜け道があったほうがいい」、「相手が何を望んで、何を望まないのか、コミュニケーションが必須」)や、「親切」の一筋縄ではいかなさ(「親切にしよう」と思ったとたんにそう思ったとたんに、押し付けがましくなったり、相手のことが見えなくなったり)が浮かび上がってきました。

 

さらに今回の対話で面白かったのは、「親切とおせっかい」に止まらず、その奥にある「他者と関わるとはどういうことか?」という問いに、けっこうしっかり向き合ったことです。

「昔は、結婚相手を紹介するお節介な人がいたらから結婚できたけど‥‥‥」という婚活今昔比較から展開した「システム化=人と関わりが薄れる」説。

婚活サービス、インターネット、マンション、コンビニ‥‥‥

そうしたシステムが発展したから人との関係が薄れたのか、それとも特定の個人との直接的な関わりがイヤだからシステムが発展するのか?

 

他者と関わりがないとさみしい人と、「そっとしておく優しさ」を好む人。

日常生活でそうそう他者と関わる必要を感じないという人と、「親切やおせっかいがないと、日常生活がままならない」という身体障害者

数々の断絶を確認したあと、一周回って、元気のない同僚に「うざいいメール」(褒め言葉)を送る人と、何もせず友達を見守る人とのあいだに、「万人受けしない親切」という共通点が見つかったときの、なんとも言えぬ驚き。

 

 

ひとつひとつの論点が、ひとりひとりから滲み出る人柄と相まって、とても味わい深い対話でした。

やっぱり哲学カフェって面白い!

 

 

最近は、「他の人がやりたいテーマにのっかるほうが、ラクだし新鮮でいいや」という気分が強かったのですが、今回は、新しい出会いも多かったせいか、終わった瞬間から「この人たちと、今度はこんなテーマで話したい!」という欲がムクムク。

またがんばって企画しようっと♪

 

 
ゆうあいセンター利用に関する備忘録

  • スタッフ必須!利用手続き、お茶の準備、席のセッティング、受付etc.やることがたくさんあって、一人じゃ大変。
  • 途中で1回、ポットに水を足す必要あり。ポットを二つ用意すれば途中で補充する必要はないけれど、それはそれで荷物が多くなりすぎる。
  • 早めに駐車券が必要な人数を確認。受付時?休憩時間?

哲学者として生きていく〜大阪大学COデザインセンターの卒業生インタビュー

大学、大学院、研究員と16年間通った母校の、

大学院、研究員時代にお世話になったコミュニケーションデザイン・センターが、

新しく生まれ変わってCOデザインセンターとなり、

卒業生インタビューを受けました。

 

こちらよりどうぞ↓

www.cscd.osaka-u.ac.jp

 

自分で引用するのが気恥ずかしいタイトルですが‥‥‥

とってもお世話になった方が、私の気概のようなものをそのまんま言葉にしてくださいました。

伝えきれないくらいたくさんのことを学んだので、全てを言葉にできたわけではないけれれど、学んだことが今にどう繋がっているのか確認するよい機会をいただきました。

今後も少しずつ、言葉にしていけるといいなぁ。