まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

哲学ウォーク「平和と知恵」@牛窓オリーブ園

4月4日(木)は、牛窓オリーブ園で哲学ウォーク第2弾!でした。

 

f:id:e-matsu145:20190404124248j:plain

春のオリーブ園も気持ちいい!

 

哲学ウォークとは、オランダの哲学者ピーター・ハーテローさんが考案したワーク。

哲学者の言葉片手に、その言葉に関連するスポットとコンセプトを探して歩きます。

スポットとコンセプトが見つかったら、「ストップ!」

みんなでシェアし、それに対して他の人から質問をしてもらいます。

もらった質問から1つ選んで、残りの行程はその質問の答えを考えながら歩きます。

 

ci.nii.ac.jp

 

この日は、オリーブの花言葉である「平和と知恵」をキーワードに、哲学者の言葉を選んでみました。

みなさんが見つけたコンセプト、考えた質問とともにざっとご紹介しましょう。

 

「発言する力なき知恵は、無益なり。」(キケロ

→「選択」

Q. 発言する力なき知恵は無益か?

 

「知恵とは、求めるべきもの、および避けるべきものについての知恵なり。

」(キケロ

→安全

Q.人生であなたが求めているものは?

 

「平和と自由を別にすることはできない。なぜなら、自由でなければ誰も平和ではありえないからだ。」(マルコムX

→平和な自由

Q.自由の反対は束縛?

 

「真の平和とは、単に緊張がないだけでなく、そこに正義が存在することである」(キング牧師

→緊張のある平和はある?

 

「平和が権利のためにあるのではなく、権利が平和のためにあるのだ。」(マルティン・ルター

→目的と手段

Q.権利と平和の順番は大事?

 

「平和への道はない。平和こそが道なのだ。」(ガンジー

→続けていくこと

Q.平和は何をつなぐ?

 

「知恵深き人は、武器に頼ることはしない。」(老師)

→「開く」

Q.力のない者は平和をつくれないか?

 

全員がスポットを選んだら、こだわりいっぱいのカフェ、山の上のロースタリへ。

 

f:id:e-matsu145:20190404151801j:plain

珈琲で体調を崩しやすい松川ですが、ここのカフェラテはなぜか大丈夫。

 

f:id:e-matsu145:20190404160933j:plain

はじめていただいたブラウニーも絶品!


キノシタショウテンさんのドリンクをいただきながら、お互いの質問の答えを聞き合い、「平和と知恵」について考えたこと、気づいたことをシェアしました。

平日にも関わらず、学校の先生や近所のジェラード屋さんなど、いろんな方が参加してくださって、最後まで大いに盛り上がりました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

(ご近所のジェラード屋さん、copioさん、次行く時は寄ります!)

 

そろそろ桜は終盤になってしまいますが、オリーブ園はこれからがいい季節だそうです。

みなさんもよかったら、遊びに行ってみてください。

 

gurutabi.gnavi.co.jp

「家族って何者?」@ヒバリ照ラス

ふりかえりの順番が前後してしまいますが、記憶の新しいところから‥‥‥
(他のレポートは準備中です。少々お待ちください。)

 

第2水曜日夜は宝湯で考える!

ということで、昨日(4月10)は、銭湯の2階で「家族って何者?」という問いと大格闘してきました。

 

www.facebook.com

 

法律的な関係、帰るところ、ご飯を一緒に食べる人、信頼、身近さ、不要関係「私たちは家族」という共通認識、愛情、選べないセーフティネット、自分が家族と思えば家族?家族と周囲に認められることの意義、家族は一人に一つだけ?認知症で家族とわからなくなっても家族?家族っぽい他人と他人っぽい家族、「家族」に求めるものと求めるとは別次元の家族、家族と倫理…。

 

哲学カフェで「家族」を取り上げる度に、家族観ってほんとに人によって様々だなと思うけれど、さらに昨日は、一人の中にもいろんな家族観が存在していることが感じられました。

終わってからふりかえると、部分的に「家族はこうあるべし」という当為と「ないほうがいいけれど、実際にはこういう家族もいるよね」という事実が、ごっちゃになっていたかも。

そこんとこもうちょっとスマートに整理できれば‥‥‥

と若干反省しつつも、もし「家族」という言葉がそういうすれ違いを生じさせるのだとしたら、それはそれでものすごく興味深いことでもあるなぁ。

 

あと、ある人の家族経験が、他の人に「そんな家族、ある!?」という大きな戸惑いを引き起こすのも、「家族」というテーマの特徴だなぁ。

自分が思う「家族」のポイントが、別の人には全く当てはまらなかったりする。

それで「ここに今いるみんなが、家族じゃないと思うなら、それはなぜ?」と否定の理由から共有できないかと試してみたけれど、うまくいったかどうかは謎です。

 

 

帰り道に対話を思い出しながらもう一回考えてみて、哲学カフェで自分が言ったのとは全くちがう「いいとこ取りできないのが家族」という言葉が浮かびました。

この仮説も出したら出したで紛糾しそうだけど、みなさんとの対話を経て、対話前に自分が考えてたのとは別の次元で家族を捉えられたことに感謝です。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

「話す?話さない?」@岡山大学病院

3月31日(日)は、岡山大学病院の医療者や医学生を対象とした哲学カフェ第2弾!

今回は、岡山大学の薬学部の方や他の部署の方もきてくださいました。

 

テーマは、「話す?話さない?」。

インフォームドコンセント必須の昨今ですが、実際には、何をどこまで詳しく話すか迷うこともあるんじゃないかなぁ。

医療現場だけでなく、日常生活でも、誰に何をどこまで話すか、話さないほうがいいのか、迷うことあるし。

と思って、提案させていただきました。

 

病状や治療に関するコミュニケーションに関する、

「治療のよい側面を強調して話すのってどうなんだろう?」

 

 

「相手が求めていることを言う?それとも、相手が聞きたくなくても言うべきことがある?」

「医療現場で満足度の高いコミュニケーションとは?」

といった疑問について考えたり、

日常生活について、

「正しいことを言われるのはキツイ」、

「政治や宗教の話はしちゃいけないってほんと?」

という違和感の指摘があったり。

 

今回偶然、プライベートな検査でお世話になったお医者さんが参加してくださっていたのですが、その方が、

「私は、話す/話さないより、相手に合わせた話し方をしてる」

とおっしゃるのを聞いて、「なるほど、私に合わせて説明してくれてたから、あんなに満足度が高かったのか!」と納得したり、

「私は逆に、相手によって説明がブレないように、自分なりの軸を持つようにしている」

という話を聞いて、「それはそれで、私の仕事にも当てはまるところがありそう」と感心したり。

全く逆の意見にも、それぞれ説得力があって、興味深かったです。

(わたしも哲学カフェの説明をどうするか考えるときの参考にしよっと)

 

他にも、医療者にとっては本人より家族のほうが伝えやすく感じることがあっても、

「患者家族になってみたら、家族にとっても告知は十分キツかった!」

という声があったり。

 

やっぱり医療現場のコミュニケーションも複雑で、医者という同じ立場でも様々な考え方があって、考え甲斐がありますね。

医学生にとっても、医療の現場で働く先輩方の様々な考え方に触れるのは、参考になるのでは?
そして、それを引き出すきっかけとなった医学生の疑問にも、心のなかで拍手喝采を送っちゃいました。

 

ご参加くださったみなさん、お招きくださった先生、ありがとうございました。

 

f:id:e-matsu145:20190331150837j:plain

2019.3.31「話す?話さない?」@岡山大学病院

 

「理想と現実」@Ziba Platform

3月30日(土)は、岡山市から電車で揺られて1時間半(快速なら約1時間)の津山市、Ziba Platformで哲学カフェ。

テーマは、「理想と現実」。

11名の方が参加してくださいました。

 

「『現実を見ろ!』と言われてしまう」

「志望校について、家族に『現実的ではない』と反対されたけど、支えてくれた」

「周囲からは理想的な暮らしをしていると思われているけれど、本人は別の生き方をしたいと思っている人がいて‥‥‥」

 

などなどの体験談に、

 

「現実って何だろう?」

「現実をみることが大事なのはなぜ?」

「なぜ、理想はあったほうがいい?」

 

をめぐるそれぞれの考え方。

 

「現実」と「理想」の区別についても、いろんな考え方が出てきて、途中頭が混乱しそうになりましたが、

「理想と現実は相反するという捉え方と、現実の延長線上に理想があるという捉え方、2つの捉え方がある」

という指摘のおかげで、だいぶすっきり。

確認しそびれちゃったけれど、

「実現不可能な理想と、実現可能な理想がある」

という指摘も、この2つに対応するものでしょうか。

 

他にも、こんな話が印象に残っています。

  • 理想は人工的、現実はなりゆき
  • ひとり暮らしのときに描いていた理想と、家族と暮らすようになってから描く理想はちがう
  • 理想は時間や時代とともに変化する
  • 高度成長期には社会の理想と個人の理想が概ね一致していたが、いまはちがう


特にわたしが、みなさんのお話をきいて「あ!」と気づかされたのは、他の人からは非現実的な夢のように思われても、自分にとっては手が届きそうな事柄や、逆に、他の人からは実現可能な事柄に思われても、自分にとっては全然手が届かない理想にしか思えない事柄があるなぁ、ということ。

〈てつがくやさん〉も、周りからは「それができれば理想的だけど、現実的に、それで食っていくのは難しいでしょ」という反応をされやすいし。

しかし、週5で働く体力のないわたしにとっては、これが一番現実的な理想だったり。

 

何が現実的で、何が非現実的か、人によって異なるということ。

今後も忘れずにいようと思います。

 

f:id:e-matsu145:20190402122712j:plain

2019.3.30「理想と現実」@Ziba Platform

 

***おまけ***

 

哲学カフェの前に、津山城へぶらり。

ちょうど、さくらまつりが始まったところでした。

ソメイヨシノはまだまだでしたが、けっこう咲いてる品種もありましたよ。

いつか、ここでも哲学ウォークしてみたい!

(階段がけっこう急なので、哲学ウォークというより、哲学登りになりそうだけど)

 

f:id:e-matsu145:20190330124235j:plain

2019.3.30 さくらまつり@津山城


 

『失敗学のすすめ』を読んで考える@池田高校×川之江高校

先日、3月27日(水)は、徳島県立池田高校と愛媛県川之江高校の合同学習会へ。

助っ人進行役2名とともに、2年生を対象に、哲学対話をしてきました。

 

テーマ代わりに文章を読んで、自分たちで問いをつくって考えてみる。

これまで3年生と何度かやってきましたが、2年生は初めて。

 

文章は、こちらの本から一部抜粋したもの。

失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

 

 

わたしが進行させてもらったグループは、問いづくりに苦戦していましたが、面白い切り口もいくつか出ました。

あとで聞いたら、他のグループでは出なかった切り口もちらほら。

 

f:id:e-matsu145:20190327155523j:plain

『失敗学のすすめ』を読んで@池田高校×川之江高校(みにまむグループ)

 

文章は、わたしが選ばせてもらったのですが、選んだときには気づかなかったおもしろポイントがいろいろ見つかって、うれしい。

みなさんの話を聞いて、改めて本を読んだら、また何か発見がありそうです。

 

それから、助っ人進行役(大阪大学大学院の後輩)からも、対話の進め方について、いろいろと学ぶところがありました。

どのやり方も一長一短で、全てを同時に試すことはできないけれど、自分のやり方よりよいと思ったものはどんどん取り入れていきたいな♪

 

 

おまけ:失敗といえば、こちらの図鑑も気になっています。

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

 

 

てつがく絵カードを使って話してみる@フリーデザイン岡山

昨日3月19日(火)は、フリーデザイン岡山へ。

2ヶ月に1度の、利用者向けプログラム、コミュニケーション・カフェでした。

 

今回は、購入したものの使う機会のなかったこちらを使ってみました。

 

てつがく絵カード (哲学カード)

てつがく絵カード (哲学カード)

 

 

teamgame.stores.jp

 

いろんな使い方ができるようですが、今回は、「一番大切なのはどれ?」を「上から順に」みんなで並べてみるワークをしてみました。

 

「え!車ってもっと上だと思ってた!」

「プレゼントの中身がわからないのに、どうして大事だと思ったの?」

 

などなど、道具を使うと、お互いの考えのちがいがわかりやすい!

「哲学カフェは、難しい。話についていけない」という人も、これなら、カードを動かしながら視覚的に相手の考えと自分の考えの違いを確かめられるので、話しやすいんじゃないかな。

 

みんなで一緒にカードを動かしながらあーだこーだ話したあと、

f:id:e-matsu145:20190319142150j:plain

全員が納得いく並びにはならなさそうなので、各自、自分がひいたカードを置いてみた

 

最後は、ひとりずつ並べてみました。

たとえば‥‥‥

 

f:id:e-matsu145:20190319142426j:plain

Sちゃんは一番大事が3つでL字型

f:id:e-matsu145:20190319143222j:plain

Kさんは同率のものがいくつか(右にいくほど大事なもの)

f:id:e-matsu145:20190319143025j:plain

Nさんはキレイに一列!すごく一貫性のある並びでした


他の人の意見を聞いて、自分の考える準備が変わったものもあれば、最後まで変わらなかったものもあり。

 

楽しかった!またやりたい!

というわけで、2ヶ月後のコミュニケーション・カフェも、同じカードをつかって、別のネタで遊ぼうとおもいます。

 

ちなみに、ウォーミングアップにはこちらをつかいました。

teamgame.stores.jp

 

「これについて、聞きたい、考えたい!」という主体性から生まれる対話も好きだけど、ときにはこういうのもいいですね。

「カードを引く」という偶然性が、みんなの緊張を解きほぐし、コミュニケーションを軽やかにしてくれる気がします。

東京で質問セミナー。と、てつがくやさんの希望

 

東京で質問セミナーをしてきました

3月16日(土)、17日(日)の二日間、東京で質問セミナーをしてきました。

デモクラシーカフェ対話の実験室@公-差-転さんのお誘いでした。

ご参加くださったみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

おかげさまで、とても充実した2日間でした。

 

f:id:e-matsu145:20190317163252j:plain

2日目は、即興の質問ワークに初挑戦

 

2日間やってみて改めて気づいた質問の楽しさと、

そこから感じた〈てつがくやさん〉の使命について

帰りの新幹線でつらつら感じてfacebookにつぶやいたことを、

こちらにも残しておきます。

 

てつがくやさんの希望

相手の意見の奥にある思考を質問で掘り起こしていくとき、

「それってこういうこと?」と推理しながら質問する。

当たってたら「よっしゃ」とうれしい。

けど、推理が外れたときは、それ以上に楽しい。

相手のなかにわたしがまだ知らない思考があるんだ!

新しい思考に出会えるんだ!

とワクワクする。

 

哲学対話を一番楽しんでる人がお金をもらってやるのってどうなの?

と言われることもある。

けれど、

うまくいってもうまくいかなくても楽しんでいいんだよ、

相手と考えが合わなかったり、

コミュニーケーションがかみ合わなかったりも含めて丸ごと楽しんでいいんだよ、

ってことを伝える、

それがてつがくやさんの使命だから、

お金をもらうことによってより多くの人にそれを伝えられるのなら、

やっぱりわたしはお金をもらって全力で楽しんでやるぞ!

全力で楽しんでる姿を見てもらうのも、仕事のうちなのだ!

 

というのは、都合がよすぎるだろうか?

もちろん、こんな考えに賛同しない人もたくさんいるだろう。

けど、とりあえず、これで暮らせてるうちは、

完全に独りよがりの考えってわけでも、たぶんない。

 

おかげさまで

てつがくやさんの仕事もだいぶ増えてきました。

もうちょっとで、わたしの体力をオーバーしそう。

かといって、依頼を断るのは極力避けたいので、

そんなにお金持ちじゃないけれど、

掃除ロボットの力を借りようかと検討中。

 

経済的にプラマイゼロになってもいいんです。

〈てつがく〉に対するニーズを発掘し、

〈てつがく〉が誰のどんなニーズに応えうるかを探究し、

〈てつがくやさん〉マーケットを開拓する、

という仕方で、

ちゃんとお金を払う価値のあることができてるかどうか、

確かめたい。