まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする哲学者、松川絵里のブログです。

「可能性は多いほうがいいのか?」@フリーデザイン岡山

4月25日(水)は、就労移行支援センターのフリーデザイン岡山で哲学カフェでした。

テーマは、前回「若さ」について話し合うなかからでてきた、「可能性は多いほうがいいのか?」。

 

哲学カフェ「可能性は多い方がいいのか?」

 

まず、「可能性」という言葉を、あることが実現する確率と捉えている方と、選択肢がいくつもあることと捉える方とがいて、びっくり。

それから、可能性は多いほうがよいという人、可能性が多ければ多いとは限らないという人。

成長して何かを実現すればするほど可能性は狭まるものだという人、老いてもなお可能性を狭めないほうがよいという人。

また、そもそも、可能性について普段からあれこれ考える人と、「可能性があるかどうかって、あまり考えない。やりたいことはやっちゃう」という人がいるのが興味深かったです(いろんな話をきくうちに、やりたいことが取り組めるうちは、人は可能性が多いか少ないかなんて気にならないものなのかもしれない、と感じました)。

 

こうした互いの意見の相違が浮かび上がる過程で、「手札」という比喩が大変助けになりました。

手札が見えるとしても多すぎると何を出すべきか迷ってしまう、トランプとちがって人生においては自分がどんな手札をもっているかわからない、手札毎に実現する確率がちがうのでは、自分の行動や出会いによって手札が増えることもある‥‥‥などなど。

 

そのなかで、特に以下の3点が印象に残りました。

  1. 手札が見えるかどうか問題:「どんなにがんばっても、桜の木に薔薇の花が咲くことはない」という言葉に説得力を感じる一方で、そもそも自分が何の木なのかわからないという状況もある。
  2. 情報が可能性にどう影響するか:情報が多いほうが選択肢が増えるという人もいる一方で、情報や選択肢が多すぎると迷って行動に移せなくなるという人も。
  3. 「可能性が多い」というのは、どうなるかわからない時に下される判断:赤ちゃんは「無限の可能性がある」と言われるけれど、本当に何にでもなれる可能性があるわけではなく、どうなるか予測できないだけ。

 

 

私たちはみな、最初から、自分の手札、あるいは自分が何の木かわかっているわけじゃない。

何にでもなれるわけでもないし、かといって何になれるか初めからわかっているわけでもない。

自分の可能性を知るためには、ただ単に情報がたくさんあればいいわけじゃなくて、適宜情報を仕入れながらトライ&エラーでジタバタするのが大事なのかな。

そんなことをしみじみ感じる哲学カフェでした。

 

ご参加くださったみなさん、フリーデザイン岡山のみなさん、ありがとうございました。

 

さて、これまで月1でオープンに開催してきたフリーデザイン岡山の哲学カフェですが、今後は隔月偶数月の開催になります。

 

1年半ほど哲学カフェを続けてきて、他者とともに考えることの楽しさを感じてもらうこと、地域と施設をつなぐ場づくりなど、手応えを感じています。

と同時に、哲学カフェだけでは担えない課題があることも明らかになってきました。

その課題に取り組むため、奇数月は、内輪向けのプログラムを提供させていただくことになりました。フリーデザイン岡山に登録のない方はご参加いただけませんが、間接的に、哲学カフェや地域での対話づくりなどに役立つこともあるだろうので、ご了承ください。

これまた実験的な取り組みになりますが、成果が出たら、なんらかの形でみなさんと共有できるといいな、と思っております。

「本は人生を変えるか?」@ここち Confort Gallery 器

ふりかえりが実践に追いつかない今日この頃。

フリーデザイン岡山で哲学カフェを終えたところですが、4月16日(月)に福山市で開催した哲学カフェのふりかえりです。

哲学カフェ尾道や、スロウな本屋でのえほん哲学カフェに参加してくださっている方のご紹介で、ここち Confort Gallery 器さんで哲学カフェをしてきました。

 

kokochiblog.com

 

f:id:e-matsu145:20180416123125j:plain

ここち Comfort Gallery 器(福山市

 

4月22日まで、『器の美味しい本棚』と題して、古書の展示販売が行われていたのにちなんでということで、「本は人生を変えるか?」というテーマをご提案させていただきました。

実際に「この本を読んで、会社をやめました」と人生を変えた一冊をもってきてくださった方、「本は好きでよく読むけど、人生を変えたとは言えないな」という方、「本に囲まれて育ったけど、本が苦手」という方‥‥‥

様々な経験や暮らしから「本って何だろう?」、「人生が変わるってどういうこと?」を掘り下げて考えることができました。

 

前半盛り上がったのは、「人生が変わるってどういうこと?」をめぐって。

仕事を変えたり、信仰心に影響を受けたりと、「人生が変わる」と聞いて、最初は人生における決定的な転機の話が出てきました。

が、「本は好きだけど、人生が変わったというほどのことは‥‥‥」という方もよくきくと、本の中の言葉に背中を押されたとか、毎日食後に読むので本のない生活は考えられないとか、読まないけれど手元に置いておきたい本があるとか、本に囲まれて育ったから本が苦手だとか、なにかしら影響は受けてる様子。

その小さな影響を「人生を変える」と呼ぶかどうか、というのが最初の争点でした。

 

後半は、それらの影響が本ならではのものなのかどうか、という切り口から、「本って何?」をめぐる考察が展開しました。

人生や暮らしに影響を与えるものは、映画や音楽など他にもあるし、本といっても活字中心のものだけでなく絵本や写真集、さらに電子本なども。

具体的な書名もあがりつつ話すなかで、紙の本ならではの、①貸し借りができる、②好きなページを開いて一部だけ楽しむこともできる、という特徴が印象に残っています。

 

また、読む本だけでなく、同じ本を何度も読む、その時々で興味ある本を読む、同じ作家さんを追っている、本を捨てられない、読んだらさっさと手放す、などなど、本との付き合い方の多様さが浮かびあがってきました。

哲学カフェで本の話題というのは、「本好き」でも好きなジャンルがバラバラだったりと、イメージや知識を共有できず難しいところがあるのですが、今回は、こうした本との関わり方について話せたので、バラバラなりに共通点や相違点から発見があり楽しかったです。

あと、本が苦手な方が意外と本好きなが読めなかった本をしっかり読んでいることがわかったり、勧められて読んだけど全くピンとこなかった談など、なかなか言いにくい話を思い切りできたのが気持ちよかった!

「本を読むのはいいことだ」というプレッシャーが、苦手意識を生むという皮肉な状況が明らかになりました。

 

「哲学って敷居が高そう」と恐々参加された方もいらっしゃったようですが、名前どおりとてもここちよい空間で、参加者のみなさんの人生や人となりを心地よく感じられる哲学カフェになりました。

ご参加くださったみなさん、ここち Confort Gallery 器さん、ありがとうございました。

「私、いつまで女子(男子)って言ってもいいですか?」@ヒバリ照ラス

毎月第2水曜日は、ヒバリ照ラスの哲学カフェ。

‥‥‥というわけで、サボりすぎててもう2週間も前ですが、ふりかえっておきましょう。

 

ヒバリで考える(2)「私、いつまで女子(男子)って言ってもいいですか?」

 

参加者数は少なかったけれど、なかなか面白い展開でした。

一番、たくさん話した話題は「女子会」かな。

「女子会」ってなに?

なぜ「女子会」するの?

なぜ「男子会」はないのか?

「女子会」に参加するのはどんな人?

「女子会」という言葉ができる前は、なんと呼ばれていたのか?

などなど。

そこから判明した、ひとつの断絶。

男性が「女子」と聞いてイメージするのは、若くてかわいい女の人。

だけど、女子会をする本人(?)たちが「女子」という言葉を使うときのイメージはちょっとちがう。

たしかに、「私、『女子』って言っていいのかな?」という迷いはあるし、女子会ではかわいい食べ物を食べたりもする。けど、がっつり居酒屋で「女子会」することもあるし、年上の人に「女子会しましょうよ」と誘うこともある。

「女子=若くてかわいい」だけではない。

仕事とか家庭(または恋愛)とか趣味とかを別々じゃなくて、女性としてどうそれらと向き合い乗り切っていくかを話したり聞いたりしたいのに、「若くてかわいい」だけじゃ足りない。

ひと昔前の「ガールズトーク」より「女子会」というぶっきらぼうな響きの言葉がちょうどいい。

 

それに対して、男性が「男子」ときいてイメージするのは、あくまで子ども。

仕事の話は仕事関係の人と、家族の話はパパ友とする。

だから、「男子会」は存在しない‥‥‥らしい。

いつか、男性も仕事と家庭の調整に悩んだりして「男子会」が生まれたりするのだろうか?

 

他にも「スイーツ男子」とは言うけど「スイーツ女子」と言わないのはなぜか、「女子」「男子」という言葉の「分ける」という機能などについて話し合いました。

 

そうそう、「男性と女性を分ける」がらみで哲学カフェの最後にお話した、私の女性専用車両コレクションとトイレサイン・コレクションはこんなのです。

f:id:e-matsu145:20171031135914j:plain

阪急梅田駅の「女性専用車両」サイン

f:id:e-matsu145:20171112091149j:plain

横浜駅女性専用車両サイン(けっこう年季入ってる)

 

f:id:e-matsu145:20160906130824j:plain

江田島の中町公民館のトイレサイン

 

そして、来月のヒバリ照ラスの哲学カフェはこちら。

ヒバリで考える(3)「ライフとワークは別物ですか?」

 

仕事帰りに、アルコール片手に語り合うのもよいものですよ。

ご都合があう方は、ぜひ♪

(もちろん、ソフトドリンクもあります。)

 

 

菅直人『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』

先月あたりから、インプット欲がむくむく湧いてきて、ブログをさぼって色々読んでます。

本代で膨らむ経費、やばい。(本代を経費にできちゃうのが、個人事業主のよいところですが、調子に乗ると危ないですね。)

 

先日、たまたま『シン・ゴジラ』のレビューが目に入り、突然読みたくなったのがこれ。

 

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)

東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)

 

 

今更?

‥‥‥とも言い切れないのが残念ですね。まだ未解決の問題が山積みだもの。

 

あれだけの危機のなか、最高責任者が何を感じ何を考えたのか知りたくて読みました。

彼に対する批判や当時の記録などそれほど読んでいないので後で前言撤回するかもしれませんが、この事故が起こったのが、原発についていくらか「土地勘」のある人が首相のときだったのは、日本にとってラッキーだったな、と感じました。

菅さんが吉田所長を「この人は信頼できる」と判断したポイントだとか、避難区域が徐々に広がることのメリットだとかも興味深かったです。

 

 

ちょっと残念だったのは、「なかなか情報がトップに届かない。届いても不正確」という点について。

その仕組みづくりにも責任がある以上、言い訳にはならないと思う。

脱原発だけじゃなく、情報伝達・共有の仕組みについても、ご経験から「こう改善すべき」というご意見が聞きたいところですが、「現場主義」らしいので無理かなぁ。

 

もうひとつ、「政府は正確で確実な情報だけを伝えるべき」という点については、いろんな人の意見を聞いてみたい。

理解と共感、どうちがう?@グリーングラス

今日は、学生時代からお世話になっている神戸のグリーングラスでコミュニケーション講座。

岡山市中央公民館で好評だった「理解と共感、どうちがう?」を少人数でじっくりやってみました。

 

最初にウォーミングアップがてら、一人ずつ最近の「わかるわ〜」と「わからんな〜」を話します。

次に、理解と共感のちがいについてレクチャーしてから、みんなの「わかるわ〜」が理解なのか共感なのか、どこに共感し、何を理解したか、考えます。

同じ事柄について「わかる」と言っても、理解の人もいれば、共感の人もいる。

哲学カフェでもしょっちゅう起こっていることですが、意識してやると、より丁寧に人の話を聴けますね。

カフカの『変身』に共感したという人のおかげで、私、初めてあの小説の面白さを理解できた気がします。

 

後半は、ワークを通して出てきた感想や疑問から、哲学カフェスタイルで理解と共感について語り合いました。

 

f:id:e-matsu145:20180419171611j:image

 

哲学カフェ経験豊富な人でも、自分の「わかるわ〜」がどのタイプの「わかるわ〜」なのか、気づいてなかったりするんですね。

最初は「難しい」と言ってた方も、後半「理解と共感の違いがつかめてきた!」と言ってくれてホッとしました。

コツが掴めるとコミュニケーションがラクになるので、定番のプログラムにしようかな。

 

 

 

「世界は“早いもの勝ち”に支配されているのか?」@antenna Coffee House

4月8日(日)の午前中は前にも書いたとおり小学生向けのワークショップでしたが、

午後からは2ヶ月に1度の尾道での哲学カフェでした。

  

www.facebook.com

 

テーマはいつもどおり、主催者であるantenna Coffee Houseのマスターの提案です。

昨今、なにかとニュースになることの多い不倫の話題から「不倫って、順番がちがうだけじゃないの?」と思ったのがきっかけとのこと。

たくさん哲学カフェしてるけど、「早い者勝ち」について考えるのは初めてで、私もドキドキ。

参加者のみなさんに挨拶をしながら、「そういえば、哲学カフェの座席も早い者勝ちやわ!」と、早速「早い者勝ち」が自覚なしに浸透していることに気づかされました。

 

参加者のみなさんからも、限定人形100体買い占め問題、チケットの購入、電車やバスの座席、夕飯のおかず、商標登録、特許、不動産の売買など、身近な事柄からニュースな事件まで、様々な「早い者勝ち」が出てきました。

 チケットの購入ひとつとっても、最近、「コンサートのチケットは抽選のことが多い。抽選と早い者勝ち、どっちがいい?」とか、「カープのチケット購入は、並ぶ人が多すぎて、整理券が発行されるようになった」など盛り上がります。

 

ざっとこんな切り口が出てきました。

「早い者勝ちは、抽選、オークション方式、強いもの勝ちなど様々ある決着をつける方法の一つ」

「自然にほうっておけば、早い者勝ちか強いもの勝ちのどちらかになるのでは?」

「早い者勝ちで決まることに『仕方ない』と思える場合と、納得いかない場合がある。どうちがうんだろう?」

「表向きは早い者勝ちと言いつつ、実はそうでない場合もある。相手が怖いと、『早い者勝ちね』と言われても手を出せない」

 

なかでも参加者間で意見が分かれたのが、列に並ぶことを「早い者勝ち」の一つと捉えるかどうか。

「早い者勝ちって、我先にと相手を押しのけるイメージ。列に並ぶのはちがうと思う」という人もいれば、「列に並ぶのは、早い者勝ちの平和なやり方じゃないか」という人も。

両者で、「早い者勝ち」の指す範囲がだいぶちがうのが、面白かったです。

 

もうひとつ興味深かったのは、何かを受け取る視点からの発言は多く出たけれど、何かを提供する側の視点がほとんど出なかったこと。

後半、進行役である私から「自分が提供する側だったらどうでしょう?」と投げかけてみたところ、いくつかは出てきましたが、やはりすぐに受け取る側からみた話に戻ってしまいました。なぜでしょう?

「早い者勝ち」は、自分が受け取る側になったときに意識することが多いのかな?

それとも、そもそも私たちの暮らしのなかで、何かを提供する経験より何かを受け取る経験のほうがずっと多いから?

話されたことはもちろん、何が話されなかったかからも、さらなる発見がありそうです。

  

f:id:e-matsu145:20180408144957j:plain

2018.4.8 antenna Coffee House前の千光寺新道

 

来月は、GW恒例、哲学ウォーク@尾道

今年はどんな哲学者の言葉を仕込んで、どんなルートを歩くか、考え中。

お楽しみに!

www.facebook.com

「女子」と言うのも、はばかられるものの‥‥‥

昨日、ヒバリで考える(2)「私、いつまで女子(男子)って言ってもいいですか?」の前に、スロウな本屋の店長さんがオススメしてくれたこんな雑誌を読んでみました。

(以下の感想は、哲学カフェの前に書いたものです。)

 

f:id:e-matsu145:20180314150743j:plain

『うかうか no.002』(書影お借りしました)

 

続きを読む