松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

シャベリカ×交差点ワーク@フリーデザイン岡山

昨日1月16日(木)は、就労移行支援施設のフリーデザイン岡山にて、利用者を対象としたコミュニケーション・カフェをしてきました!

 

今回は、シャベリカというカードを使っておしゃべりしたあと、同じネタで、相手と自分の共通点や相違点をさがす交差点ワークをしてみました。

 

teamgame.stores.jp

 

1枚に1つずつ、おしゃべりのお題が書かれたトランプ。

いろんな遊び方があるようですが、箱に「ババ抜きで最後に残ったカードのテーマをみんなで話してもいい」って書いてあったので、やってみようとしたけれど、「それだとババが最後に残るから、最初からお題がわかっちゃうじゃん」と参加者からご指摘。

そこで、ジジ抜きをすることに。

 

1回目に残ったジジは‥‥‥

 

「私、大人になったな」と思う瞬間

 

 気持ちの切り替えができるようになったとき、苦手だったものが食べられるようになったとき、コーヒーをブラックで飲めたとき、一人暮らしをはじめたとき、などなど、いろんな「私、大人になったな」が出てきました。

1名、「逆に、最近子どもに戻ってる気がする」という変化球な答えも!

そうそう、コミュニケーションって、必ずしも直球で答えなきゃいけないってわけじゃないよね、と確認しつつ、楽しかったのでもう1戦。

「今、これにハマっています」についておしゃべりしてから、2組に分かれ、最初の“「私、大人になったな」と思う瞬間”で交差点ワークをやってみました。

 

f:id:e-matsu145:20200117114215j:plain

 

f:id:e-matsu145:20200117114230j:plain

 

残り時間が少なかったので共通点だけでいいかなと思ったけど、相違点まで見つけてくれたグループも!

他の人との共通点や相違点を探るためよくよく聞いてみると、同じ「ブラックコーヒーが飲めるようになった」と答えた人でも、努力して段階的にできるようになった人と、あるときふとやってみたらできたという人がいることが判明したり、おもしろい発見がいろいろありました。

 

よく「会話が続かない」「話が深まらない」という悩みをききますが、こうやって共通点や相違点を探しながら相手の話をきくと、全然ちがう回答の人にも共感できる点が見つかったり、相手の意外な一面を知れたりして、盛り上がりやすいのではないかな〜と思います。

 

そして、このワークシートとシャベリカの組み合わせは初めて試してみましたが、トランプで遊んで場があたたまったタイミングでできるのが、いいですね!

お題によっては交差点ワークがやりにくいものもありそうですが‥‥‥。

今回はゆる〜くコミュニケーションについて学ぶ場ということで、参加者の方とそのあたりも相談しながら進められたのがよかったです。