松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

18日のすろーす読書会は中止です

お知らせです。

9月18日(土)に開催を予定していたすろーす読書会ですが、会場がある岡山市が30日までまん延防止等重点措置の対象となったため、開催を中止させていただくことになりました。

大変残念ですが、ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。

 

同じ企画を9月20日(月・祝)にオンライン(zoom)で開催予定です。

まだ残席ございますので、ご都合のあう方はこちらにご参加いただければ幸いです。

 

【すろーす読書会】

私たちは死や病をどうやって受容するのかキューブラー・ロスの5段階説を読む〜

http://ptix.at/tobbWL

↑参加チケットのご購入は、こちらのサイトからどうぞ。

 

確約はできませんが、オフラインで参加したい人のために、状況が許せばオフラインでも開催したいなぁと、すろーす代表のひっしーと話してます。

もともと、オフラインですろーすのイベントに参加してくださっている方の発言が、企画の発端だったので。

 

ついでに、企画を思いついた発端について少しお話しすると‥‥‥

家族のためのがんカフェや遺族のためのがんカフェで、「家族の病や死を、どうやって受けいれる?」という疑問はよく出てくるんです。

その疑問に対して、ご自身のご経験から「一度には、無理。ふりかえってみると、受けいれられるようになるには、いくつかの段階がある気がする」という方が複数いらっしゃったことから、そうした方とキューブラー・ロスの5段階説を読んでみたら、どんなふうに感じるだろう?と思いました。

キューブラー・ロスの説に共感するのか、それとも「もうちょっとちがうプロセスだったぞ」となるのか。

また、渦中にいる方のなかには、ロスの5段階説やみなさんとの対話が、ご自身の今の状況を理解するヒントになるかもしれないという期待も‥‥‥。

 

わたし自身も、がんではないけれど持病を抱えており、受けいれるまでに紆余曲折あった気がするので、そんなことも思い出しながら、みなさんと一緒に対話できるのを楽しみにしています。