松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

「あなたの苦労はなんですか?」@高島公民館

本日1月28日(火)は、高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェ。

テーマは、「あなたの苦労はなんですか?」でした。

 

前に参加者の方からポロリと出た「ここにいる人たちは苦労してなさそう」という言葉をきっかけに生まれたテーマなんですが、実は、打ち合わせ時に採用するかどうかかなり悩んだテーマでした。

進行が難しそうだなぁって。

難しそうと思った理由は「あなたの」です。

「あなたの」があることによって、問いじゃなくて質問の形、つまり、みんなで協働して考えるというより、誰かが誰かに向ける一方向的なquestionの形になってる。

みんなの苦労話を聞くだけで2時間終わったら、どうしよう。

一緒に考えるということが、このテーマでできるだろうか。

かなり迷いましたが、打ち合わせに参加してくれた方の「自分のなかに“苦労”と呼べそうなものがあるかな?と自分自身に向き合うきっかけになりそう」という言葉に背中を押されて、取り上げることにしました。

 

結果。

うん、たしかに、みなさん自身の経験から語られる苦労の話は、なかなか興味深いものがありました。

他の人と感覚や育ってきた文化が異なることによる苦労、

病や障害など身体的な苦労、

人からは「苦労してるね」「大変だね」と言われるけど、自分ではそうは思わない働き方、

などなど。

なるほど、そういうところが大変だったり大変じゃなかたりするんだなぁ、と、初めての方もですが、お馴染みの方の知らなかった一面も垣間みえて、いつも見えている姿がその人のほんの一面ではないということを実感しました。

 

そして案の定、それらの「みんなの苦労」から、共通の問いがなかなか見つけられず、途中少しヒヤヒヤもしました。

ただ、「苦労とはなにか?」を考える切り口は、面白いものが出てきましたよ。

  • 苦労はしたほうがよい?
  • 苦労するかどうかは運によって決まる?
  • 苦労の大小は誰がどうやって測る?
  • 同じことでも人によって苦労と
  • 苦労したかどうか見た目でわかる?
  • 苦労は選べる?選べない?

 

特に印象深かったのは、点字ブロックをめぐる議論かなぁ。

「苦労したほうがよい?」という問いにも関わる一つの論点になりますが、「自分が苦労していないということは、その分、他の誰かの苦労が増えている」という意見。

正直、最初は全然ピンときませんでした。

私が経験した苦労(と呼べそうなもの)は、病気など、自分が経験したからといって他の人の苦労が減るとは思えないものばかりだったので。

でも、

「狭い道に点字ブロックがあると、自転車で走りにくい」という方と、

「でも、点字ブロックがないと、視覚障害者は外を出歩けなくなる」という視覚障害のある方の議論をきいて、ああ、そういうことか、と腑に落ちました。

他にも、視覚障害のある人にとっては段差があったほうが歩きやすいけれど、車椅子の人にとっては段差があると歩きにくいから、段差が2cmに決められているという話も興味深かったし、「じゃあ、タクシーチケットがあれば点字ブロックがなくてもいいか?」という問いかけから出てきた、「苦労は選べるか?選べないか?」という論点もおもしろかったです。

 

それから、それとはまた別の観点になるかもしれませんが、個人的には、人に苦労の大小を測られたり、「苦労してそう」「苦労してなさそう」と言われたときに感じる違和感の正体がずっと気になっていました。

人によって何を苦労と感じるかは異なる。

ということは、人によって苦労の大小の感じ方も異なるはず。

なのになぜ、誰かが苦労と感じている事柄を話すと「でも、もっと大変な人がいる」と言われたり、「自分の苦労なんてたいしたことない」と言ってしまったりするのか?

そのあたりは、まだまだ謎に包まれていそうです。

 

と、ここまで書いて、いま気づきました。

個人的には、苦労の大小を比べるなんてあまりしたくないけれど、点字ブロックに関する議論で出てきた問題を考えるには、苦労の大小を比べざるをえないこともあるのか!

ああ、でも、できれば苦労の大小にかかわらず、どんな人のどんな苦労も慈しみ労い合いたい。

そういう社会や関係性のなかで、わたしは生きたい。

 

苦労しましたって顔して生きたくもないけれど、

自分が苦しいと感じながら通り抜けてきた経験をなかったことにもしたくはない。

できればしたくはなかった経験だけど、あったことをなかったことにもしたくはない。

 

そんなふうに自分に向き合った2時間でした。

 

ご参加くださったみなさん、高島公民館のみなさん、ありがとうございました。

 

次回は2月19日(木)。

テーマは「合う人、合わない人がいるのはなぜ?」です。

どなたでもご参加できます。

お問い合わせは岡山市立高島公民館へお願いします。