松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

「尊厳死と安楽死〜自分の死は自分で選べる?」@高島公民館

今日は、ふたばカフェ(哲学カフェ)でいつもお世話になっている岡山市立高島公民館の「いまとこれから」という講座で、めずらしくレクチャー付きの講座をしてきました。

ふたばカフェのテーマ希望として参加者から「尊厳死」が提案されたのですが、これは、日本の現状も知っておいていただいたほうがよいテーマではと思って。

  1. 典型的な事例紹介
  2. 尊厳死安楽死とは?(クイズ、定義、分類)
  3. 日本の現状(過去にあった安楽死事件とガイドラインリビングウィル
  4. 尊厳死安楽死の問題
  5. 自分の死は自分で選べる?

という構成にしてみました。

 

実は、今年から甲南女子大の医療倫理の授業で「安楽死尊厳死」の項目を担当させていただいているのですが、今日の構成のほうがよかった気がする。

 

ちなみに、甲南女子大ではこちらを教科書として使用おり、今日もこれを参考にしました。

事例でまなぶ ケアの倫理 (ナーシング・サプリ)

事例でまなぶ ケアの倫理 (ナーシング・サプリ)

 

わたしも、「性同一性障害」の1ページだけ執筆させていただいています。

 

また、日本尊厳死協会とは異なるリビングウィル(事前指示書)として、こちらもご紹介させていただきました。

ファミリー・リビングウィル

ファミリー・リビングウィル

 

 

最後の「自分の死は自分で選べる?」では、みなさんの体験や感想をうかがいながら考えてみたところ、

  • 自分の死を自分で選びたい?
  • 自分の命は自分のもの?

という問いが浮かび上がってきました。

これらのテーマでまた、哲学カフェもやってみたいなぁ。