松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

『ガラスのなかのくじら』with スロウな本屋

11月6日(日)午前はスロウな本屋さん主催のえほん哲学カフェ。

今回は『ガラスのなかのくじら』を読みました。

 

 

街の真ん中の大きな水槽に住んでいるクジラのウェンズデー。このガラスのなかしか知りません。ある朝、おんなの子がやってきて、ウェンズデーに声をかけます。彼女の瞳は、とおくのとおくに見えている、静かでおだやかなあの「ブルー」と同じ色をしていて……。知らないうちに自由をまちのぞんでいる、すべての人へおくる絵本。(絵本紹介より)

 

ガラスのなかのくじら|オンラインショップ|スロウな本屋

 

 

スロウな本屋さんに紹介されたときから、絵も内容も大好きな絵本だなぁと思ったのですが、今日、みなさんと語り合って、ますます好きになってしまいました。

もしかしたら、絵本のなかで一番好きな一冊かもしれない。

絵も、色合いも、物語も、言葉遣いも、なにもかも。

 

以下、ネタバレご容赦ください

続きを読む