松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

2021年の対話実践数は144

ふだんからエクセルで、日にち、対話の種別、テーマ、場所、主催者などを記した一覧をつくってお仕事管理しています。

 

それによると、2021年の対話実戦数は、144回。

2日間のソクラティク・ダイアローグが1回あったから、日数にするとのべ145日。

昨年はコロナの影響で年間100回まで落ち込みましたが、コロナ前の開催数(年間120回前後)を上回りました。

会場ではコロナ対策のため、オンラインでは全員の顔が見えるよう定員を抑えていることから、1回1回の参加者数はコロナ前より減ってることを考えると、コロナ前とどっこいどっこいかな。

たぶん、年収も。

 

大事なのは数じゃなくて質とはいえ、コロナ禍でもなんとか、てつがくやさん稼業が続けられそうなことが確認できて、ほっとしています。

そしてなにより、それだけちゃんとニーズがあること、工夫すれば実現できるということがうれしい。