まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

『ウラオモテヤマネコ』@東京ウィメンズプラザ

11月9日の夜は、東京でえほん哲学カフェ。

(たまたま家族の用事で関東に行く機会があったので、それに合わせてカフェフィロで企画してもらいました。)

 

仕事帰りに大人がゆったり自分に向き合うのにふさわしい絵本は?

ということで、大好きな井上奈奈さんの『ウラオモテヤマネコ』を読むことに。

 

ウラオモテヤマネコ

ウラオモテヤマネコ

 

 

以下、ネタバレご容赦ください。

 

前に絵本好きのお母さんたちが集まる炭本研究所で読んだときは、この物語が恋物語か環境問題についての警鐘か、少女はどんな子かで盛り上がりましたが、今回はまた全くちがった展開に。

 

1)ここで描かれる裏と表とは?

内と外、日常と非日常、自分のいる世界と別の世界などなど、文字通りの裏と表ではなく別のものを想起したという方もいれば、裏と表ならではの特性が描かれているという方も。

 

2)ウラオモテヤマネコがどんな存在?

少女をかどわすイヤな男という意見と、2つの世界を行き来できる特別な神のような存在という意見も。。。

 

その他、表紙から感じられるリアリティってなんだろうと考えたり、ウラオモテヤマネコのセリフの解釈が3通りぐらい出てきたり、またまた絵についての発見があったりと、また新たな発見がありました。

何度読んでも、誰と読んでも、新たな発見のある一冊です。

気になる方は、ぜひ手にとってみてください。

 

※実物の美しさや質感には及びませんが‥‥‥絵本ナビさんのサイトでは、全ページ試し読みもできます。↓

(全ページ読める)ウラオモテヤマネコ|絵本ナビ : 井上 奈奈 みんなの声・通販

 

 

ご参加くださったみなさん、素敵な時間をありがとうございました。

 

f:id:e-matsu145:20181118103010j:plain

おまけ:哲学カフェの前に、作者の井上奈奈さんと再会。サインいただいちゃいました♪