まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

よくある誤解〜哲学カフェは哲学について語る場?〜

たまに哲学カフェについて「哲学について語る場」と紹介されることがあります。

そのたびに、

「ちがいます!

哲学カフェは、哲学について語る場ではなく、〈哲学する〉場です。」

と訂正するわたし。

 

「サッカーについて語る場」と「サッカーする場」じゃ、だいぶちがいますよね?

それと同じです。

 

なんで間違えられちゃうんだろう?

その人にとっては、自分自身が哲学することがイメージしにくいのかな?

もしかしたら、「哲学する」より「哲学について語る」ほうが易しいと思ってるのかもしれない。

でも、わたしの感覚では、「哲学する」より「哲学について語る」ほうが難しい。

哲学の知識や経験がないと難しい気がする。

なんとなく。

 

「なんとなくってなんだよ!」

「だから哲学について語るのは難しいって言ってるじゃん!」

というツッコミ合いが、頭の中でぐるぐる‥‥‥。