まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする哲学者、松川絵里のブログです。

柏の葉T-SITEで出版イベント『この世界のしくみ 子どもの哲学2』

3月31日(土)は、千葉県へ。

柏の葉T-SITEにて、4月11日に発売される『この世界の仕組み 子どもの哲学2』の出版イベントでした。

 

store.tsite.jp

 

f:id:e-matsu145:20180331131619j:plain

黄色いのが私が執筆メンバーに加わる前に出た第一弾。青いのが今回出た第二弾です。

 

子ども20名、大人15名が参加してくださって、

執筆メンバーの進行で、本のなかの問いについて、「てつがくカフェ」!

 

 

  • 心ってなんだろう?
  • 仲間って必要なの?
  • なぜ成績をつけるの?

の3択で、

高学年グループは「仲間って必要?」、

低学年グループと保護者グループは「なぜ成績をつけるの?」

という問いが選べれ、対話を楽しみました。

 

私は、コーノくんと一緒に低学年グループに入りました。

最初はこの問いに気乗りでなかった子も、みんなの話をきくうちに、たくさん話したいことが出てきた様子。

成績をつけることの意味、成績のなにがイヤか、なぜ他の人の成績をからかう人がいるのか、成績を見せてもいい人と見せたくない人のちがい、成績ではがんばったかどうかわからない問題について考えました。

あとで、ゴードさんにきいたところ、保護者グループは全然ちがう話が展開されたようです。

家に帰ってから「どんな話した?」ってお互い聞いて、びっくりしてるといいなぁ。

 

岡山のイベントは、まだ残席あります。

もし小学生のお子さんがいたら、ぜひ!

slowbooks.jp

 

 

絶賛予約受付中。

この世界のしくみ 子どもの哲学2

この世界のしくみ 子どもの哲学2

 

 

 よかったら、第一弾もどうぞ。

お子さんの「なぜなぜ」攻撃にまいっている大人にも人気だそうです。

子どもの哲学 考えることをはじめた君へ

子どもの哲学 考えることをはじめた君へ