まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

小学生向け『子どもの哲学2 この世界のしくみ』ワークショップ

 

毎日小学生新聞の連載「てつがくカフェ」が本になるよ〜。

ということで、えほん哲学カフェでお世話になっているスロウな本屋さんで、小学生対象のワークショップを開きます。

 

slowbooks.jp

 

「なんで?」「どうして?」の答えを大人に求めるだけでなく、自分自身で考えてみたら、もっと楽しいよ〜。

どんな子のなかにもあるはずの(しかし正解が決まっている問題ばかり解いてるうちに失いがちな)、正解が決まっていない問題に自分で答えをつくり出す力を、楽しく、自由に育むきっかけになればいいなと思っています。


どんな本か気になる方は、本のもとになっている連載を一部、こちらから読むことができます↓↓

mainichi.jp

 

毎回1つの問いにつき、哲学者たちが3者3様の意見を出してますが、本当は他にもいろんな答えがありうるんです。

子どもたちと一緒にどんな考えを発掘できるか、楽しみにしています!