松川えりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川えりのブログです。

哲学カフェ「ルールを変えたほうがよいのはどんなとき?」@石川県西田幾多郎記念哲学館

本の紹介やらイベントのレポートなど、1日1記事書いてはいるのですが、本がまだ発売されてなかったり、イベントの写真がまだだったりで、保留中。

 

今日は、レアイベントのお知らせ。

2月4日(日)、石川県で哲学カフェをします!

場所は、かほく市にある、西田幾多郎記念哲学館。

テーマは、「ルールを変えたほうがよいのはどんなとき?」。

 

1月13日から来月末まで、〈哲学する本棚「スポーツ」〉と題して、「なぜ人はスポーツに熱中するのか?」を考えられる本をご紹介しているのだとか。

それに絡めて、「スポーツに関するテーマを」とお声をかけていただきました。

とはいえ、何年か前の私のように、哲学館にはスポーツに関心のない人もいらっしゃるはず!

スポーツに関心ある人もない人も一緒に楽しみたいと思って、このテーマにしました。

f:id:e-matsu145:20180125173021j:plain

哲学する本棚「スポーツ」のチラシ©石川県西田幾多郎記念哲学館

 

2月25日には、アーダコーダの方々が「義足を付けた世界記録は、世界記録か?」というテーマを取り上げてるそうです。

 

ウェブで詳細ご覧になりたい方は、こちら↓のトップページからどうぞ。

石川県西田幾多郎記念哲学館

(スクロールしてね。)

 

「哲学って敷居が高そう」と思ってる方も、大歓迎。

哲学の知識なんて要りません。発言する/しないも自由です。

気軽にご参加いただけるとうれしいです♪