まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする哲学者、松川絵里のブログです。

哲学カフェ「個性って何?」@フリーデザイン岡山

ちょっとずつ、先月の対話をふりかえっています。

今日は、11月20日にフリーデザイン岡山で開催した哲学カフェ。

 

フリーデザイン岡山は、発達障害精神障害など、生きづらさを抱えている人の「働く」をサポートする就労移行支援施設です。

ご縁があって、昨年の10月から月1回のペースで哲学カフェをさせていただいています。

前にも書きましたが、こちらは、利用者だけでなく、どなたでも参加OK!

①関心あるテーマや問題についてじっくり考える、だけでなく‥‥‥

②いろんな立場や考えの人と話すのに慣れる、

③施設と地域の境界をゆるめ社会に出やすくする、

など複数の効果が期待されています。

 

先月のテーマは、「個性って何?」。

ここ何回かのうちで一番盛り上がったのではないでしょうか。

哲学カフェでは「哲学できるかどうか」が問題なので、発言が多ければ多いほどいいってわけでもないけれど、やっぱりみんなでワイワイ言うのは楽しいですね。

 

「個性的な人って、変人?それとも???」

「個性はもって生まれるもの?少しずつ獲得していくもの?」

「環境が変われば、何が個性的かも変わる?」

「個性と個性的はちがう。個性は誰もがもっているけど、みんなが個性的なわけじゃない」

などなど、どの論点も興味深かった。

 【12/6追記】「障害は個性か?」って論点も出てたのに、うっかり書きそびれてました。重要な論点なのに、大変失礼しました。

 

けど、私のなかでこの日一番の論点は、これ!

 

「個性的な美人は存在するか? 」

 

 個性について、あちこちで哲学カフェをしたけど、この論点はなかったな〜。

たしか、「個性的って褒め言葉?」という話題から、「でも、個性的な美人っていなくない?」、「誰もが美人だと思う人は、個性的じゃない気がする」、「その『美人』って、好き嫌いとは別?」、「誰もが美人と認めるわけじゃないだろうけど、この顔好きだーっていうのはある」etc...

このあと、いったん「個性って何?」を離れて、「美人とは何か?」についてひとしきり議論しちゃいました。

「平安美人を美人って思ったことない!」と時代や社会によって、美人もちがうんじゃないかとか、「『客観的な美人』はいるのか」とかね。

 

いつも時間きっちりに終わるようにしているのですが、この日は勢いづいて数分オーバーしてしまいました。ごめんなさい。

 

次回は、12月20日(水)13:00〜14:00。

テーマは、「信じるってどういうこと?」です。