まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

グローバル教育と地毛証明書

こういうの、フーコーだったらどう言うかな?と思って、ちょっとやってみる。

 

www.asahi.com

 

21世紀の日本では、「グローバル教育」を叫びながら、このような排他的同化主義が浸透していた。

地毛が黒以外の者は、「地毛証明書」を提出するか、地毛を黒く染めなければ、学ぶ主体(sujet)とはなれない。

また、彼らのいう「グローバル教育」とは、今日の我々が想像するような多様な人種、文化、スタイル、生き方を受け入れる知的好奇心の涵養などではなく、ほとんど、英語という単一の言語の習得のことを指していた。

つまり、学校とは、英語を話す黒髪の臣下(sujet)の分別・生産装置として機能していたのである。

 

 

 

 久しぶりに読みたくなっちゃった。

監獄の誕生―監視と処罰

監獄の誕生―監視と処罰