まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

レポート

働くってどういうこと?@Ziba Platform

11月23日は、津山市にあるZiba Platformにて哲学カフェをしてきました。 勤労感謝の日ということで、テーマは「働くってどういうこと?」。 哲学カフェ in Ziba platform 『働くってどういうこと?』 10代の高校生(!)から60代の定年間近の方まで、幅広い…

理解と共感どうちがう?@フリーデザイン岡山

昨日11月28日は、フリーデザイン岡山で、コミュニケーション・カフェでした。 月に1回、利用者向けに、1つずつコミュニケーションのポイントをとりあげ、和やかに対話しながら学びます。 昨日は、以前、公民館でも好評だった「理解と共感どうちがう?」を…

「言葉で伝わること/伝わならないこと」@岡山市立高島公民館

昨日11月22日(木)の午前中は、岡山市立高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。 テーマは「言葉で伝わること/伝わらないこと」。 「岡山」と「晴れの国」という表現で、受け取り方はどうちがう? 7月の豪雨災害以来、「被災地」という言葉が、これ…

「家族ってなに?」@江田島、「結婚」@ヒバリ照ラス

11月13日は久しぶりに広島県の江田島へ。 大柿市民センターにて、「家族」をテーマに哲学カフェをしてきました。 12人ぐらいで輪になって、 「家族は一番近い他人」 「血が繋がってなくても家族と思うのはどんなとき?」 「家族の境界って?」 「別れても…

「理解するってどういうこと?」@鳥取大学、岡山大学病院

今月は2回、大学で「理解するってどういうこと?」をテーマに哲学カフェをする機会がありました。 1回目は、11月7日(水)に鳥取大学で。 「ワークショップ入門」なる授業(地域学部の学生さんが受講しているそうです)のゲスト講師としてお招きいただ…

『ウラオモテヤマネコ』@東京ウィメンズプラザ

11月9日の夜は、東京でえほん哲学カフェ。 (たまたま家族の用事で関東に行く機会があったので、それに合わせてカフェフィロで企画してもらいました。) 仕事帰りに大人がゆったり自分に向き合うのにふさわしい絵本は? ということで、大好きな井上奈奈さ…

「ジェンダーフリー?」@立憲フェス

だいぶ遡ってしまいますが、11月4日は、岡山で開催された立憲フェスに行ってきました。 立憲フェスおかやま 2018 in サンピーチOKAYAMA | 立憲民主党 岡山県連合 マチナカギカイの進行役を依頼してくださったことのある、市議会議員の森山幸治さんを通じての…

ひとりひとりの「平和」を考える哲学カフェ@広島

11月に入ってから、イベントとその打ち合わせでバタバタしています。 特に今月は、県外に出ることが多くて‥‥‥。 11月3日(土)は、広島。 クラウドファンディングで実現した、ひとりひとりの「平和」を考える哲学カフェでした。 motion-gallery.net 第1部で…

「応援したい人ってどんな人?」@フリーデザイン岡山

10月24日(水)は、就労移行支援センターのフリーデザイン岡山の哲学カフェでした。 テーマは、「応援したい人ってどんな人?」。 前回の内輪のコミュニケーション・カフェでちらっと話してみたらおもしろかったので、もっとじっくり話してみたらどうかなと…

遺族のためのがんカフェ 2回目

昨日10月23日(火)は、ゆうあいセンターにて、遺族のためのがんカフェを開きました。 7月末に続いて、2回目の開催です。 遺族のためのがんカフェ 今回は、初めての方が4名。 たまに「こういうふうに気持ちの整理がついた」という方もいらっしゃいますが…

相手の考えを理解するための質問@グリーングラス

昨日は、学生時代からお世話になっているグリーングラス(通称「グリグラ」)さんで、コミュニケーション講座「相手の考えを理解するための質問」でした。 コミュニケーション講座 これまで何度か受けられたことのある方もいらっしゃったので、新しいワーク…

「『死』ってこわい?さみしい?」@高島公民館

昨日10月15日(月)は、岡山市立高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。 テーマは「『死ってこわい?さみしい?」。 こちらで「死」を取り上げるのは初めてで、いつもと毛色がちがうので、みなさんが来てくださるかドキドキ。 でも、初めての方や久し…

「運命を変えることはできるのか?」@antenna Coffee House

10月14日(日)は、2ヶ月に一度の尾道day♪ antenna Coffee Houseで哲学カフェ尾道でした。 テーマは、「運命を変えることはできるのか?」 哲学カフェ尾道 第15回【 運命を変えることはできるのか? 】 テーマを提案したマスターも「みんな、こういうの好き…

えほん哲学カフェ『なにか、わたしにできることは?』@スロウな本屋

昨日10月13日(土)は、スロウな本屋さんでえほん哲学カフェでした。 今回取り上げたのは、店長にご紹介いただいたこちら。 なにか、わたしにできることは? 作者: ホセカンパナーリ,ヘスースシスネロス,Jos´e Campanari,Jes´us Cisneros,寺田真理子 出…

「『腹に落ちる』ってどんな感覚?」@ヒバリ照ラス

10月10日は第2水曜日、ということで、ヒバリ照ラスの哲学カフェでした。 ヒバリで考える(8)『腹に落ちる』ってどんな感覚? 「身体と心の関係は?」という疑問から出てきたテーマ。 「腹に落ちる」に限らず、「腹が立つ」「腹を切る」「腹をくくる」‥‥‥…

「産むのに理由は必要?」@岡山市立高島公民館

今日の午前中は、高島公民館の哲学カフェ、ふたばカフェでした。 テーマは「産むのに理由は必要?」。 2018.9.25@高島公民館 哲学カフェって、そもそもカフェのようなオープンな誰が聞いてるかわからない場所で、見知らぬ人とするものだから、基本的に「こ…

質問バトン@フリーデザイン岡山

9月19日(水)の昼は、フリーデザイン岡山さんにて、内輪向けのコミュニケーション・カフェを行いました。 前回は、話題づくりについて学びましたが、 matsukawaeri.hatenablog.com 今回は、「そこから、どうつなげる?」「会話をどう続けたらいいのかわ…

「今の仕事を一生続けますか?」@ヒバリ照ラス

こんにちは。 先週の水曜日は第2水曜日。 ということで、9月12日(水)の夜は、ヒバリ照ラスで哲学カフェでした。 ヒバリで考える【7】「今の仕事を一生続ける?」 「今の仕事を一生続ける?」のテーマに、いつもよりやや多めのお客さん9名+ヒバリ照…

「老いと成熟」@Ziba platform

最近、書き仕事やウェブの編集が楽しくて、ブログでの活動報告をサボりがち‥‥‥すみません。 昨日9月17日(月)は、敬老の日。 ということで、津山のZiba platformさんで「老いと成熟」をテーマに哲学カフェをしてきました。 哲学カフェ in Ziba platform …

二つの文章を読んで、問いをつくる@徳島県立池田高校

ちょっと遡って、8月28日(火)は、今夏3度目の徳島でした。 てつぷら岡山の木下志穂さんと一緒に、特急南風に乗って岡山から1時間15分。 徳島県立池田高校3年生のみなさんと哲学対話。 小論文講座の一環で、自分で考える、じっくり考えるとはどういう…

「人それぞれ違うのは良いこと?」@バード2006

8月30日(木)は、久しぶりに倉敷で哲学カフェ。 www.facebook.com メインの進行役は、香川県でtetugakuyaというお店をされている杉原あやのさん。 何度か岡山の哲学カフェにも参加してくださったことがあります。 いつかご自身のお店でも哲学カフェを開けた…

「いい人ってなに?」@フリーデザイン

先週の8月22日(水)は、就労移行支援センター、フリーデザイン岡山さんでの哲学カフェでした。 テーマは、「いい人ってなに?」。 哲学カフェ「いい人ってなに?」(フリーデザイン) がっぷり四つに組むってこういうことを言うんだろうな、なんて感じる対…

第1回 日本哲学プラクティス学会

昨日、8月26日(日)は、東京で開かれた第1回 日本哲学プラクティス学会に参加してきました。 哲学プラクティスとは、コミュニケーションを介した哲学実践の総称。 具体的には、哲学カフェ、子どものための哲学、ソクラティックダイアローグ、哲学カウン…

『生きる』@スロウな本屋

8月18日(土)は、スロウな本屋にて、えほん哲学カフェを開きました。 今回の絵本は、先月の朗読教室で読んで、感想を語り合いたくなってしまった『生きる』(絵本のご購入はこちらよりどうぞ)。 「ミニスカートが流行った頃」に書かれたという谷川俊太…

富良野塾起草文@antenna Coffee House

お盆休みはゆっくり‥‥‥と思ったら、おうちの用事で予想外にバタバタ過ごしてしまいました。 8月12日(日)の哲学カフェ尾道は、年に1度あるかどうかの文学篇、第2弾。 哲学カフェ尾道・文学篇 第2弾 『富良野塾起草文』(倉本聰) マスターが「ぜひ、これ…

恋愛と依存@ヒバリ照ラス

8月8日(水)夜は、月に1度のヒバリ照ラスの哲学カフェ。 テーマは、前回の「幸せ=安心に当てはまらないものもあるよね。恋愛とか」という話から派生して、「恋愛と依存」でした。 ヒバリで考える(6)「恋愛と依存」 | ヒバリ照ラス 「依存ってなに?」…

哲学概論@明石高専

昨日は、大雨の日の振り替えで、明石高専で今年度最後の授業でした。 (前期に1コマだけ「哲学概論」を担当させていただいてました。) 夏休み中にもかかわらず、哲学概論楽しい!という面々(数学教員と電子情報教員含む)が集まってくれました。 『中学生…

えほんでこどもてつがく『ともだちや』

すこし時を遡りまして‥‥‥ 7月26日(木)は、広島県福山市で活動する炭本研究所さんのご依頼で、小学生を対象にてつがくワークショップを開いてきました。 午前中は1〜2年生の9名、午後は3〜5年生の9名、と2本立てで。 何度か、絵本好きのお母さん…

「夢って必要?」@徳島県立池田高校

先週に引き続き、8月6日(月)も、徳島県立池田高校の生徒さんと哲学対話をしてきました。 今回は2年生を対象に。 池田高校の先生と地元の中学3年生も何人か加わって、近所の公民館で。 高校2年生と中学3年生が、共通で関心をもって話せるネタってなん…

「失敗してもいいのはどんなとき?」@徳島県立池田高校

今日は、徳島県立池田高校の3年生を対象に哲学対話をしてきました。 昨年に引き続き、小論文対策の一環として「じっくり考える」を体験してもらおうという試みです。 お題は、「失敗してもいいのはどんなとき?」。 2グループに分かれ、わたしのグループは…