まつかわえりのてつがく日誌

はなして、きいて、かんがえるをお手伝いする〈てつがくやさん〉、松川絵里のブログです。

こどもてつがく(P4C)

「自分の顔はなんで自分で見えないの?」@CLAFA対話のアトリエ

7月27日(丸善ゼミナールの翌日)は、名古屋のCLAFA対話のアトリエにお邪魔してきました。 2月に男女共同参画企画でご一緒した「てつがくママ」、安本志帆さんのお誘いで、年長さんたちとの哲学対話。 これまで、小学生対象の哲学対話はしたことがありま…

哲学対話で情報倫理!@明石高専

昨日は、明石高専で哲学対話のお仕事でした。 ここ4年ほど、明石高専で週に1度、非常勤講師として「哲学概論」を教えているのですが、そこで意気投合した情報工学の先生が、「ぜひ、哲学対話をつかった情報倫理教育を!」と実現に向けて動いてくださいまし…

『失敗学のすすめ』を読んで考える@池田高校×川之江高校

先日、3月27日(水)は、徳島県立池田高校と愛媛県立川之江高校の合同学習会へ。 助っ人進行役2名とともに、2年生を対象に、哲学対話をしてきました。 テーマ代わりに文章を読んで、自分たちで問いをつくって考えてみる。 これまで3年生と何度かやって…

てつがく対話で男女共同参画@犬山男女共同参画市民会議「きらきら」×犬てつ

先月2月2日に行った愛知県犬山市での「てつがく対話で男女共同参画」のレポートが、企画者の犬てつさんがブログにあげてくださっています。 とても丁寧に記録をとってくださっているので、その場に居合わせたような気分を味わえるかも? ぜひお時間あると…

二つの文章を読んで、問いをつくる@徳島県立池田高校

ちょっと遡って、8月28日(火)は、今夏3度目の徳島でした。 てつぷら岡山の木下志穂さんと一緒に、特急南風に乗って岡山から1時間15分。 徳島県立池田高校3年生のみなさんと哲学対話。 小論文講座の一環で、自分で考える、じっくり考えるとはどういう…

哲学概論@明石高専

昨日は、大雨の日の振り替えで、明石高専で今年度最後の授業でした。 (前期に1コマだけ「哲学概論」を担当させていただいてました。) 夏休み中にもかかわらず、哲学概論楽しい!という面々(数学教員と電子情報教員含む)が集まってくれました。 『中学生…

えほんでこどもてつがく『ともだちや』

すこし時を遡りまして‥‥‥ 7月26日(木)は、広島県福山市で活動する炭本研究所さんのご依頼で、小学生を対象にてつがくワークショップを開いてきました。 午前中は1〜2年生の9名、午後は3〜5年生の9名、と2本立てで。 何度か、絵本好きのお母さん…

「夢って必要?」@徳島県立池田高校

先週に引き続き、8月6日(月)も、徳島県立池田高校の生徒さんと哲学対話をしてきました。 今回は2年生を対象に。 池田高校の先生と地元の中学3年生も何人か加わって、近所の公民館で。 高校2年生と中学3年生が、共通で関心をもって話せるネタってなん…

「失敗してもいいのはどんなとき?」@徳島県立池田高校

今日は、徳島県立池田高校の3年生を対象に哲学対話をしてきました。 昨年に引き続き、小論文対策の一環として「じっくり考える」を体験してもらおうという試みです。 お題は、「失敗してもいいのはどんなとき?」。 2グループに分かれ、わたしのグループは…

てつがくチャレンジ@岡輝公民館

先週6月23日(土)の午前中は、岡輝公民館へ。 以前、中央公民館のコミュニケーション講座でお世話になったYさんにお声がけいただき、小学生向けの体験講座「岡輝トライアルクラブ」の1コマを担当させていただきました。 岡輝トライアルクラブ(KTC)の…

『子どもの哲学2 この世界のしくみ』ワークショップ

4月8日(日)の午前中は、スロウな本屋で子どもたちと楽しい哲学の時間。 今月発売の『この世界のしくみ 子どもの哲学2』より、「私は誰のもの?」について話し合いました。 slowbooks.jp

柏の葉T-SITEで出版イベント『この世界のしくみ 子どもの哲学2』

3月31日(土)は、千葉県へ。 柏の葉T-SITEにて、4月11日に発売される『この世界の仕組み 子どもの哲学2』の出版イベントでした。 store.tsite.jp 黄色いのが私が執筆メンバーに加わる前に出た第一弾。青いのが今回出た第二弾です。 子ども20名、大…

4月の参加者募集中

哲学カフェなど、4月に開催予定&参加者募集中のイベント情報です。 お問い合わせ、お申し込みは、それぞれのサイトに記載されているお問い合わせ先へお願いします。 4月8日(日)小学生対象ワークショップ(岡山市) slowbooks.jp 4月8日(日)哲学カフ…

小学生向け『子どもの哲学2 この世界のしくみ』ワークショップ

毎日小学生新聞の連載「てつがくカフェ」が本になるよ〜。 ということで、えほん哲学カフェでお世話になっているスロウな本屋さんで、小学生対象のワークショップを開きます。 slowbooks.jp 「なんで?」「どうして?」の答えを大人に求めるだけでなく、自分…

「こども哲学」シリーズをつかって、質問しよう!@姫路市立水上小学校

さて、「なかまづくりプロジェクト」主催、姫路市立水上小学校での哲学対話、第3弾は、「みんなに質問してみよう!」。小学生対象の予定でしたが、1日目に参加した大人や、2日目に参加した「咲夢麗衣」のメンバーも交えて、子どもと大人混合で。 まずは、…

「かんどうってなに?」with 咲夢麗衣

さて、「なかまづくりプロジェクト」主催、姫路市立水上小学校での哲学対話、第二弾は、よさこいチーム「咲夢麗衣(さむらい)」のみなさんと。ハワイ大学のDr.Jが考案した子どもの哲学の道具、コミュニティボールをつくりながら、対話しました。 小学1年生…

ELCAP「ひらけ!お宝図書館」@江田島市能美図書館

再び時を遡り‥‥‥11月18日(土)は、ELCAPの活動で、広島県の江田島へ行って参りました。 ELCAPとは、Etajima(江田島)×Local(地域)×Culture(文化)×Art(アート)×Philosophy(哲学)の頭文字。 江田島を中心にアート活動をしているELCAと哲学者(P)が…